« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

3/17(火) MarkeZine Day 2015 Springに参加してきました

二週間も経ってしまいましたが、3/17(火)に御茶ノ水のソラシティカンファレンスセンターで開催されたMarkeZine Day 2015 Springに参加してきました。いくつか聞いてみたいセッションがあったので、午前中を中心に聴講しました。

【A-1】 パネルディスカッション
マーケティングオートメーションの現状動向と今後の見通し
アドビシステムズ、マルケト、セールスフォース・ドットコム

マーケティングのプロセスは、この人がやっているから上手くまわっているというように、属人化している部分も多きいように感じます。そのプロセスを自動化することによって、企業側(提供する側)ではなく、お客様(サービスや製品を受け取る側)の都合や気持ちに沿った内容、タイミングでマーケティングを実施していこうというのが、マーケティングオートメーションの根本ではないかと思います。

今回のパネルディスカッションでは、マーケティングオートメーションに早くから取り組み世界で実績を上げている三社が、市場の状況、人材や組織、活用への課題、成功と失敗のパターンなどを語りました。

マーケティングオートメーションに取り組もうという会社には、次の三つのパターンが見られるそうです。

  • 代理店や量販店に任せていたマーケティングを、自分たちが実施し、顧客と直接つながろうとする動き
  • デジタルチャネルの広がり
  • 深堀りや省力化よりも、個人の動向に合った内容へ

企業側から一方的に配信されていたメール(プッシュ型)の内容を最適化するだけでなく、個人が所有するデバイスの数も種類も増えた現状(デジタルタッチポイントの急増)に合わせ、どんな場面(コンテキスト)でどういう行動をしているかを把握し、最適な情報を提供することを目指しているとのことでした。

私が面白いなと思ったのは、Center of Excellenceの話です。マーケティングプロセス全体を司る専門集団を社内(あるいは社外と連携)に抱え、ベンダーをどう使うかや他部門との調整、社内のトレーニング、経営層とのコミュニケーションなどを一括集中で動かしていくことで、マーケティング活動をよりスムーズに効果の高いものに出来るということでした。

センター・オブ・エクセレンスについては、パネリストの一人、アドビシステムズの安西敬介さんが詳しく書かれていましたのでリンクを貼っておきます。
データに強い組織を作るカギ「L3PS」。それを実現するためには?
Center of Excellence

マーケティングオートメーションの実施には経営層との連携が必須で、活動を通して将来の事業にどういうインパクトをもたらしたいのか、どのような情報を得て活用していきたいのか、しっかり共有し、理解し合うことが大切だという話は頷けます。マーケティングという見えにくい、効果を疑問視されがちな部門や活動が、組織内を横断する形で実行、判断できる立場へ、お客様との接点の中心へと自らを高めていく時期にきているのかなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

astah製品紹介セミナー、4/23にも実施します

昨年12月から astah製品の紹介セミナーを始めてみました。別の社員が数年前に不定期でやっていた後、しばらく場を設けていなかったのですが、私自身が製品営業を担当することになり、お客様に気軽に来ていただける機会を作りたいと考えたのです。また、再開の動機として、これまで長くやってきていたUMLモデリングツールではなく、SysML(2013年発売)やGSN(2014年発売)といった新しい製品を発売し、ツールの種類が増えたことと、2014年10月に三つの製品を一つのライセンスで使えるという新しいタイプのライセンスを発売したことがあります。

新しい製品を知ってもらうには、ニュースリリースや広告、イベントなどを上手に使うことで、発売したその瞬間に一気に拡散させる方法と、紹介する場を作って届けたい相手に接触し続ける活動を長く続ける方法があるのかなと思います。チェンジビジョンが開発している製品はソフトウェアやシステム、それも設計段階に関わる人たちが主なユーザーで、例えばジャケ買いや衝動買いのような購入は考えにくいものです。特に法人で購入となれば、事前のツール調査(評価)、他製品との比較検討は購入手続きの一部で、そこで出てくる疑問を簡単に聞ける相手が欲しいはずです。

astahについて全く知らない方(モデリングツールを検索したら、たまたまヒットした)も、名前だけ知っている方も、使ったことのある方も、professional、SysML、GSNの三製品の内容をまとめて聞ける時間として、ぜひお越しください。どんなツール?(機能)、なぜ使うの?、ライセンスは?などを説明した後、役立つコンテンツも紹介します。(実は毎回新しく公開されたIPAの資料やフォーラムの話題なども入れています。)

astah* 製品紹介セミナー(もちろん無料です)

先着順で定員10名です。新年度にモデリングツールをお探しの方はお申込みください。また、学校関係者の皆様がいらっしゃればアカデミックやファカルティ(学部向け)の詳しい話もできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Publickey 新野さんによる、JaSST' 15 Tokyoのレポート

2月下旬、ソフトウェアテストシンポジウム 2015 東京が開催されました。チェンジビジョン代表の平鍋は、21日(土)のクロージングパネルに登壇し、「テスターとデベロッパーの新しい関係」というスライドを公開しています。

このパネルの様子がPublickeyの新野さんによって前後編の詳しいレポートで公開されました!(私は別セミナーに行っていて、こちらのシンポジウムには参加できなかったので、とても嬉しいです)

テストエンジニアとデベロッパーとの幸せな関係とは何か。開発効率の向上も、ゲームを面白くすることもテストエンジニアの領域に(前編) JaSST'15 Tokyo

テストエンジニアとデベロッパーとの幸せな関係とは何か。開発効率の向上も、ゲームを面白くすることもテストエンジニアの領域に(後編) JaSST'15 Tokyo

基調講演のボルトン氏が語られている品質についてのお話が興味深かったです。過剰品質という言葉を思い出しながら読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IoTの解説記事 「技術で理解するIoT」

年初からIoTやビッグデータが関連するセミナーに何度か参加しました。今日たまたまITproと日経テクノロジーonlineの特集サイト「IoT Next」で解説記事が公開されていました。

連載: 技術で理解するIoT
[Part1 プロローグ]IoTとはなんだろう? 改めて考えてみる

IoTは普段ハードウェアやその裏にある専門技術を意識することの少ない私のようなユーザーにとっても、ウェアラブルデバイスや自動走行車のような新しい製品、サービスで身近に感じられます。もし半導体やセンサーの知識があれば、自分で何かを作れそうな、もっともっと面白い話題であることは間違いありません。

この記事にはインテルが出している超小型のボードであるEdisonが取り上げられていました。今後公開される記事も読んで、少しでもIoTに関する技術の知識を得られればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/8(水) Java Day Tokyo 2015

4月8日、東京国際フォーラムで Java Day Tokyo 2015が開催されます。今年はJavaの誕生から20年だそうで、Java8が本格的に使われ出している今、Javaに関する最新情報をぎゅっと集めたイベントになるようです。

今回、代表の平鍋が講演しますのでお知らせします。不思議なことにアジェンダ(プログラム)がPDFでしか公開されていません。
Java Day Tokyo 2015 セッション一覧

[7-4] アジャイル時代のモデリング

概要を引用
「コードはいつでも真実を語る。しかし、それは真実のすべてではない」 - Grady Booch
アジャイル開発が主流になった現在、動くコードこそが一番重要なチーム成果物として扱われることになりました。ではモデリングはもういらない?UMLは死んだ?
私はそう思いません。アジャイル時代に相応しいモデリングの適切な役割について探りたいと思います。特に、複数のチームへのスケーリングとシステムの「全体像」への理解共有がなぜ必須になるのかについてお話します。

チェンジビジョンは開発製品の環境にJavaを用いていることもあり、会社としては9年、製品としては10年以上 Javaとお付き合いがあります。Javaのアップデートには敏感で、開発者にとっては最も気になる(気にすべき)情報であり、最も振り回される情報でもあり、なかなか一筋縄ではいかないというのが正直なところです。

うららかな春の一日、Javaの最新情報を吸収し、Javaに関わる技術者と触れ合い、新しい出会いを得てはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/12(木) 講演レポート「スマートフォンによる参加型環境センシング」

先週の組込みセキュリティ&セーフティフォーラムのレポート、二つ目です。

「スマートフォンによる参加型環境センシング ~放射線モニタリングの事例紹介~」
ヤグチ電子工業株式会社 取締役CTO 石垣陽氏

ヤグチ電子さん、私は全く知らなかったのですが、新製品開発の方法としても、社会に役立つ技術を提供する姿勢としても、また世界に波及する利用者の和としても、非常に面白い講演でした。30分という短い時間で、もっと詳しく聞けたらと残念で仕方なかったです。

この講演では、東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所の事故を受けて、放射線を計測できる線量計(ガイガーカウンター)の需要が急激に高まる一方、供給は全く追いつかない状況で、一般向けに新製品を出したヤグチ電子さんがどのように開発を進め、販売し、利用者からデータを集め、改善に活かしというループを実現したかが語られました。放射線やセンサーに関する知識があるとないとでは、この講演の理解度が大きく変わると思うので、別の機会にぜひまた詳しいお話を聞いてみたいです。

東日本大震災が起こるまで線量計はほぼ専門の研究者が使うもので、一般消費者が欲しがるモノではありませんでした。原子力発電所の事故により生活への影響が懸念され、ごく普通の人々が必要性を感じ、入手を試みたそうです。しかし、もちろん製造は追いつかず、また海外から輸入された粗悪な品(まともに計測できない)の流通により、線量計に対する悪いイメージまで氾濫したそうです。

スピーカーの石垣さんは、環境災害は起こる前提で物事を考えていかねばならない。福島の事故から分かってきたことは、測定し(正しいデータを集め)、それを専門家らと共有し、知識を得た上で地域住民と専門家らが議論し理解を深める場を持つことだとおっしゃっていました。

ヤグチ電子さんは、ポケットガイガーというとても小さい線量計を発売されました。始まりはフリスク(粒状ミント)の箱と10円玉を使っていて、これはすぐに供給でき加工の手間を省ける点で採用されたそうです。箱の内部に入れる計測装置の部分を提供することで、一般の方が自分の身近にあるもので何とか出来る状態を作りだしたことになります。(現在はフリスクではなく筐体ごと販売されています。)

スマートフォンとつなげて測定し、結果をウェブ(Facebookグループもあるそうです)にアップしたり、またオンラインアップデートすると機能が増えることもあるという、線量計のようなハードウェアとしてはまさに画期的な製品とのことです。

この製品は、最初にフリスクを使った段階でクラシエから快諾されたり、キックスターターというクラウドファンディングのウェブサイトを通じて資金を集め、それを見たオランダから国の試験機関で性能検査をしましょうというオファーが入ったり、製品の周辺にも興味深い出来事がたくさん起こっています。

現在も利用者(ユーザー)がFacebookグループを通じてデータを共有し、専門家らとやり取りし、参加型開発が継続しているそうで、これからの発展が見えるような気がしました。

ぜひ皆さんも一度ポケットガイガーのウェブサイトをご覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/12(木) 講演レポート「IoT時代のセーフティ&セキュリティ」

昨日、御茶ノ水ソラシティで開催された「組込みセキュリティ&セーフティフォーラム」を聴講してきました。13時頃までしか居られなかったのですが、聞きに行って良かったなと思う内容だったのでレポートを書いてみます。

基調講演
「IoT時代のセーフティ&セキュリティ」
パナソニック株式会社 全社CTO室 ソフトウェア戦略担当 理事  梶本一夫氏

パナソニックにおけるセーフティやセキュリティへの取り組みを時代を追って紹介していくと共に、これら技術の動向を説明されました。家電を提供する上でセーフティやセキュリティに長く取り組んでいて、1929年!の電気コタツ第一号がその始まりとだそうです。サーモスタットと温度ヒューズを組み込むことで二重安全を実現したというお話でした。確かにコタツには熱くなりすぎないような仕組みがありますよね。

現在のパナソニックには社内にホワイトハッカーがいらっしゃって、ネットにつながる家電は全てハッキングによる脅威分析を経てから出荷されるそうです。脆弱性が発見された時に対応する部門も2010年に立ち上げたとか。

有明のショールームでは、2020年の暮らしを展示していて、洗面所の鏡に生体情報を計る機能があったり、家の中にエージェントが居て会話しながら家事をしたり、レジャーの計画をしたりといった様子を体験できるそうです。エージェントとの対話については、音響の技術を活かして音声認識しているという解説でした。

IoT時代には協調が非常に重要で、ライフスタイルによって大きく使われ方が変わる家電はその寿命(1年ごとに買い替えるのか、10年~15年もつのかなど)によって専用のインターフェースが出来てしまいがち。しかし、IoTの実現においては、つながるがゆえに一社だけではセーフティ&セキュリティを保証できないとのお話もありました。様々な団体が世界中に乱立し、デファクトを狙って動いているとのことでした。自動車の次期OS(オープンソース)についても、AGL、TIZEN、AndroidAutoなどがあるそうです。

セーフティ、セキュリティ技術の最新動向として、技術を分類し、たくさんの例を挙げてお話されていました。面白かったのは、人間行動解析技術で、三つの例はいずれもイスラエルの会社だそうです。

  • タッチパネルの操作など(指の動き)、人の癖から個人を認証することで、人のふりをするマルウェアを検知する技術
  • 人事DBと重要情報DBを元に、社員のアクセスパターンと組み合わせて不正行為のリスクが高い人を発見する
  • SNSのテキストや写真を分析し、テロなど不法行為の時間や場所、ターゲットを予測する「テロジェンス」という名称の技術
他にも、システムはダウンすることを前提として対応するレジリエンスや耐タンパ化(同じ実行結果を導くが、解読できないような難しいプログラムにするなど)、静的解析などの説明もありました。
有明のショールーム、行ってみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/16(木) Agile Japan 2015が開催されます

来月半ば、アジャイルジャパン2015が開催されます。2009年の初開催からもう7年目になるそうです。第1回が発表された時、豪華ゲストで思い切った内容だなぁと感じましたが、6年経つうちに、ソフトウェア開発における「アジャイル」という言葉はすっかり広がり、エンタープライズ分野での採用事例もずいぶん増えました。書籍も多く出版されています。

チェンジビジョン代表の平鍋も、野中郁次郎先生との共著で「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という一冊を出しています。

さて、アジャイルジャパン2015のテーマは「失敗から学ぶアジャイル、成功につなげるアジャイル」とのことです。プログラムを見てみると、午前中の基調講演とクロージングを除く17のセッションのうち、事例セッションが半数以上の9つあります。開発プロセスはいろいろありますが、書籍や記事で学ぶことに加えて、実際にどう使われ、どこに効果を感じ、何が上手くいかなかったのかを、経験した人から聞くことで、一気に実施イメージをふくらませることができます。

23460_2

今年の基調講演は二つ。
アジャイル・テスティング 〜 チーム全体のためにテストとテスターができることを学ぶ旅
Janet Gregory 氏

デジタル革命には アジャイルがよく似合う
横塚 裕志 氏 (東京海上日動システムズ株式会社 顧問)

クロージングの後にネットワーキングセッションが設けられていますので、講師に直接質問をぶつけたい人にも、同志を見つけたい人にも貴重な出会いの場があります。早期割引は3月20日(金)までとのこと。関心をお持ちの方はぜひお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/12(木) 組込みセキュリティ&セーフティフォーラム

1月から、IoTやシステムズエンジニアリング、ビッグデータといったキーワードがテーマのセミナーにいくつか参加してきました。

クリティカルソフトウェアワークショップ(12th WOCS)

SEC特別セミナー
IoT時代のソフトウェアエンジニアリングとビジネスイノベーション

ITpro EXPO 開催発表会

その中でもIoTは特に注目度が高く、ソフトウェア分野に限らず、実際のモノを作る工場や一般消費者まで関心を持つ範囲が急速に広がっていることを実感しました。

3月12日、来週木曜にはIoTがさらに広がりを見せる中でますます重要性の高まるセキュリティとセーフティをテーマとしたフォーラムが開催されます。参加無料(事前登録制)で定員400名の大きなセミナーですので、関心をお持ちの方はぜひお早目にご登録ください。

組込みセキュリティ&セーフティフォーラム
IoT時代に求められる組込みシステムのセキュリティと安全

チェンジビジョンからは代表の平鍋が「Safety/Security分野へのモデルベース開発とアジャイル開発アプローチの適用」と題して、初公開の内容で講演いたします。

千代田線の新御茶ノ水駅に直結の御茶ノ水ソラシティでの開催です。ソラシティ、何度か行きましたが、千代田線の他、JR御茶ノ水駅からも近く、新宿線の小川町駅からも少し歩けば行けるので便利ですね。地上から行くと、ニコライ堂が見えるのも良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETロボコン2014 チャンピオンシップ大会映像(DVD)

ETロボコンはソフトウェア技術者の育成を命題として毎年開催されている大きなイベントで、文字通り、北は北海道から南は沖縄まで全国各地で地区大会が実施されます。11月に横浜で開催される展示会、ETには地区大会を経た強豪チームが集まり、チャンピオンシップ大会で競います。

今日、ETロボコン2014 チャンピオンシップ大会の映像を収めたDVDが届きました。指定された走行体で規定のコースを走行するデベロッパー部門のプライマリークラス、アドバンストクラス、自由演技で新たな製品やサービス、さらにはビジネスモデルの創出を目指すアーキテクト部門の競技の様子を見られます。

各部門、クラスの優勝チームの競技風景が収められているため、見ごたえのあるビデオです。各所に設置された難所をクリアできた時の会場のどよめきや参加チームの一言も聞こえてくるので、大会の雰囲気がよく伝わってきます。

私はこのイベントの初回を知っていることもあり、映像を見た限りではプライマリークラスの競技を全て成功で終えることもかなり難しいように感じました。技術面で導いてくれる先輩や同僚が居て、資金面で応援してくれる人たちが居て、自分の時間を注ぐことが出来て、ようやく参加できる大会なのかなぁと思いながら、一生懸命走行している(ように見える)ロボットを眺めました。

ぜひ参加チームの皆さんとその会社や学校の方々にこのDVDを見ていただいて、これだけ多くの人たちが熱心な活動を続けてこそ人が育つ場を用意できるだということを感じてほしいと思います。

先月、ETロボコン2015の詳細が発表されました。ウェブメディアの記事が出ていますので、今年のハイライトも注目していきたいです。

マイナビニュース、テクノロジー
ETロボコン2015の概要が明らかに - 動く難所が登場!?

fabcross
日本12地区で組込技術を競う「ETロボコン2015」開催内容が発表

MONOist
ETロボコンに「動く難所」登場、プレゼン力も問われる大会に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/27、ITpro EXPO 2015 開催発表会

2月最後の金曜日、ITpro EXPO 2015の開催発表会へ行ってきました。今年から新設されるものやリニューアルされるものがあるそうで、イベントそのものを説明する前にパネルディスカッションがあり、日経ITproとして注目している分野を見せる流れになっていました。

 

パネルディスカッション 13:35~14:15
「2015年のICTトレンドを予測する」

[パネリスト]
- 日経コンピュータ/ITpro編集長  中村建助
- 日経テクノロジーオンライン編集長  狩集浩志(かりあつまり)
- 日経BPイノベーションICT研究所  上席研究員  井出一仁

[モデレータ]
- 日経BP社 執行役員  日経BPイノベーションICT研究所長 桔梗原富夫

私は今年に入ってからセミナーやフォーラムをいくつか聴講していますが、やはりここでもIoTやIndustry4.0がキーワードとして挙がっていました。興味深かったのは、日経テクノロジーの編集長である狩集さんがお話されていた「つながる工場」で、普段あまり聞く機会のない工場の現在を聞くことで、いよいよ外部ネットワークとつながっていくのだなと実感できました。製造業はITと直結していて、まさに今何が売れているか、売れたかを工場で把握し、即生産を始め納品まで実施できるような未来がすぐそこに迫っているようです。

このパネルディスカッションでも、IoTが俄然注目を集め現実のものとなってきた背景として、様々な技術(センサーやカメラやコンピュータなど)が小さく軽く、常識的な価格で手に入り利用できるようになってきたことが述べられていました。また、常時監視の体制を作ることで、壊れてから修理ではなく、壊れる前にメンテナンスできる仕組みが整いつつあること、集めた膨大なデータを分析することで、これまで合理化が難しかった分野(例えば農業や保険)でも、新しいビジネスの形が生まれるだろうというような指摘も出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »