« 2/19-20、デブサミ2015 | トップページ | SEC特別セミナー「IoT時代のソフトウェアエンジニアリングとビジネスイノベーション」 対談レポート前編 »

システムズエンジニアリング研究会(SERA)

あるシステムの実現を考える時、他のシステムと関連して動作することを考慮しなければならず、さらにどんな文脈で動作するのかを知らずに適切な働きをさせることは出来ないというように、システム全体の理解が必須となっています。こうした中でシステムズエンジニアリングへの取り組みを検討し始めた、あるいは活動を始めたという企業が増えていることを日々のお問合せや訪問から感じています。

チェンジビジョンでは astah* SysMLという製品を開発・販売していますが、システムズエンジニアリングに取り組もうとする際、必ずSysMLを使わなければならないということはありません。ただ、システムズエンジニアリングについて学ぶ、考える場合、SysMLは広く使われているモデリング言語(表記の仕方)なので、まずはこれを描いてみることが始めやすいのではないかとお話しています。

システムズエンジニアリングについて学んだり情報交換したりする場として、システムズエンジニアリング研究会(SERA)の活動があります。毎月一回、定例のミーティングが開催されていて、MBSEやSysMLについて参加者からの発表や技術的な意見交換がなされます。こちらはどなたでも無料で参加できますので、興味を持った方は一度参加されると良いかもしれません。

2月の定例ミーティングは実は今日(2月18日)の夜に開催されます。
第13回 システムズエンジニアリング研究会SERA定例会
このページでの募集は初めてなので申し込みが少ないように見えますが、実際はもっといらっしゃいますし、飛び込み参加も出来るそうです。

定例ミーティングの情報は研究会のFacebookページに掲載されますので、今後さらに注目が高まっていくと予想されるシステムズエンジニアリングについて知りたい方はどうぞチェックしてみてください。

|

« 2/19-20、デブサミ2015 | トップページ | SEC特別セミナー「IoT時代のソフトウェアエンジニアリングとビジネスイノベーション」 対談レポート前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98967/58978891

この記事へのトラックバック一覧です: システムズエンジニアリング研究会(SERA):

« 2/19-20、デブサミ2015 | トップページ | SEC特別セミナー「IoT時代のソフトウェアエンジニアリングとビジネスイノベーション」 対談レポート前編 »