« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

「無料相談会」を始めます

今年度はチェンジビジョンの製品(astah)やサービスをより有効に活用していただけるよう、電話やメール以外に対面での活動を始めることにしました。これまでお問合せの窓口はほとんどがメールでしたが、製品ウェブサイトにも電話番号を載せたり、無料相談会の定期開催をご案内しています。

電話やメールでの相談が難しい内容や、直接お会いして確認しながら検討を進めたい事項など、相談会へ気軽にお申し込みいただければと思います。製品に関する話題に限らず、現在お困りのことや今後想定されるプロジェクト等、ぜひご相談ください。

無料相談会のご案内

  • 日程: 毎月第二、第四火曜日、14:00~16:00
  • 会場: チェンジビジョン(台東区上野)

astah各製品を使用しての問題や不明点の他、システム/ソフトウェア設計やモデリングなど、製品に直接関わらないご相談も承ります。

実施までの流れ

  1. 申込みフォームに記入し、お申し込み
  2. チェンジビジョンより電話またはメールにて連絡を差し上げます。相談概要を確認し、実施日を調整いたします。
  3. お約束の日時に来社いただき、相談会を実施いたします。

定期開催としておりますが、曜日、時間共に調整できます。また、スケジュールの問題などで来社が難しい方にはオンラインでの実施も可能です。希望の時間がある方は、申込みの際お知らせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/24(木) 無料ウェビナー SysMLのご紹介

チェンジビジョンは東京に本社があるため、セミナーも東京での実施が主となります。製品のユーザーから他の地域でも開催してほしいという声が届くこともありますが、なかなか実現できていません。最近はムービーを製作して Youtubeで公開することで、より多くの方がこうしたコンテンツを利用できるようになりました。

今日はパートナーの東陽テクニカさんが開催されているオンラインセミナー(ウェビナー)のご案内です。7/24(木)にチェンジビジョンが登場しますので、ご希望の方はお申込みください。

ウェビナー
システムズエンジニアリングの標準記法 SysMLのご紹介(astah* SysML)

日時:2014年7月24日(木) 10:00~11:00
定員:20名(先着順、事前予約が必要です)
参加費:無料

内容

  • システムモデリング言語 SysMLとは?
  • SysMLで書いたモデルの説明
  • astah* SysMLのご紹介
  • SysML導入支援のご紹介

チェンジビジョンでは、ツールの導入支援サービスとしてSysMLの入門や演習といった教育コースも準備しています。ウェビナーを受講してさらに詳しく知りたいという方や部門のメンバにも教育をと思われた方は、ぜひ教育コースや体験セミナーへの参加をご検討ください。

8/4(月) 15:00~17:30 SysML体験セミナー

導入支援教育の概要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/24(木) JISA技術シンポジウムSPES2014

今週は日本列島を台風が縦断中で、天候が不安ですね。

さて、7月24日(木)、JISA(一般社団法人 情報サービス産業協会)主催のシンポジウム「SPES2014 新たなビジネス創造と実現に向けた技術獲得」が開催されます。こちらで、チェンジビジョン代表の平鍋がチュートリアルを実施しますのでご案内です。

SPES2014 『新たなビジネス創造と実現に向けた技術獲得』

7/24(木) 14:30~16:00 S5b チュートリアル
アジャイル開発とスクラム ~顧客・技術・経営をつなぐ「スクラム」の起源は日本にあった!

概要(公式サイトより引用)
日本でも採用が進んできたアジャイル開発ですが、その根底には、80年代日本の製造業で行われていた暗黙知を利用した新製品開発手法があります。 現在アジャイル開発において注目されている「スクラム」。その名前は、なんと日本が起源なのです。野中郁次郎らが1986年に書いた論文には、製品への要求を顧客との共体験を通して学び取り、それを仕様書ではなく「身体」で開発に運ぶ、思いの伝達者としてのプロダクトオーナーの姿、そして、情熱と知識を生かすチーム作りの手法が「スクラム」として生き生きと書かれています。 この小セッションでは、アジャイル開発手法の概要をおさらいした後、知識創造モデル、および、実践知リーダーシップ、スクラムを中心にわかりやすい事例を含めてお話したいと思います。

こちらは参加有料のイベントです。詳細とお申込みはSPES公式サイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »