« astah* GSN 1.0 ベータリリース | トップページ | 7/24(木) JISA技術シンポジウムSPES2014 »

6/25(水) 第一回 DEOS協会 オープンシンポジウム開催

先日、新製品の astah* GSN 1.0ベータ版をリリースしましたが、この Goal Structuring Notationはアシュアランスケースを記述するための表記法の中で広く使われているものです。GSNを記述できるツールは他にもあり、例えばEclipseのプラグインとして公開されているD-Case Editorは無料で利用できます。

システムを安心して利用し続けられるような性質、能力をディペンダビリティと呼び、システムに関係する人たちがディペンダビリティを理解し、維持するために合意形成の過程を記述するためのツールだそうです。関心のある方はD-Caseのウェブサイトで詳しい情報をご覧ください。
D-Case(名古屋大学が研究の中心です)

このツールはDEOS協会(ディペンダビリティ技術推進協会)でも公開されていて、活動の成果を発表する初めてのオープンシンポジウムが開催されることになりました。

第一回 DEOS協会 オープンシンポジウム

  • 日時: 2014年6月25日(水) シンポジウム 13:30~17:40、レセプション 18:20~
  • 会場: 慶應義塾大学 日吉キャンパス
  • 参加費: シンポジウムは無料。レセプションはお申込みの方のみ実費。
  • 基調講演 「システムエンジニアリングとディペンダビリティ」
    白坂成功 (慶応義塾大学)
  • 特別講演 「宇宙システムにおける検証戦略の共有と品質説明力の向上」
    神戸大輔 (宇宙航空研究開発機構(JAXA))

その他、会員の皆様によるDEOSの事例や成果発表があります。どなたでも無料で参加できますので、ディペンダビリティというワードが気になっている方、ぜひお申込みください。

|

« astah* GSN 1.0 ベータリリース | トップページ | 7/24(木) JISA技術シンポジウムSPES2014 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98967/56410707

この記事へのトラックバック一覧です: 6/25(水) 第一回 DEOS協会 オープンシンポジウム開催:

« astah* GSN 1.0 ベータリリース | トップページ | 7/24(木) JISA技術シンポジウムSPES2014 »