« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

(セミナー報告)2/14、海外市場展開における知的財産対策(基礎編)

先々週になってしまいましたが、JETRO(日本貿易振興機構)関東が主催する知的財産に関するセミナーに参加してきました。

国際化セミナー 「海外市場展開における知的財産対策 (基礎編)」
(共催の茨城県中小企業振興公社のサイトで案内のPDFが開きます。)

JETROの知的財産専門家、服部正明さんが講師で、知的財産権に関する基本知識から冒認登録や模倣品など、実例を挙げた侵害対策の紹介などでした。様々ある知的財産権の中でも、産業財産権と言われるのは特許、実用新案、意匠、商標で、特に東アジアでの商標出願や侵害の例について詳しい解説があったのが良かったです。

産業財産権は、権利化したい国ごとに出願および登録の必要があり、登録されて初めて保護の対象となります。ただ、登録された特許や商標、意匠は現地国の管理機関で情報公開されるため(国によって出願後、登録の前に公開されるところもあります)、例えば他者に教えたくないノウハウや営業秘密などは、権利化によりどういう状態になるのかよく考える必要があるとのことでした。たいていの国では先に出願した者が優先される先願主義がとられていて、長く先使用主義だった米国も法改正により今年の3月から先願主義を採用します。

特許や意匠の新規性(今までに知られていない)は学会での発表や展示会でのお披露目によって失われるため、いつ出願するかが重要です。商標は他との差を識別できれば良いだけなので、いつでも出願できます。

中国では平仮名、カタカナ、アルファベット、漢字のいずれでも登録できるそうです。ただし、日本語のカナは記号として扱われるため、それぞれを分けて登録するのが良いとの話でした。日本語(カナ)、英語(アルファベット、中国語(漢字)をまとめて登録した場合、三つを併記していなければ登録商標を使用しているとは見なされず、不使用請求の対象になる可能性があるそうです。

後日自分で調べて興味深かったのは、中国では「色彩の組合せ商標」というものがあり、複数の色のみで構成される商標だそうです。
参考: 特許庁 新興国等知財情報データバンク
国別・地域別情報     中国・出願実務 「中国における商標の色彩の判断

JETROでは、海外における日本企業の知的財産対策を支援するため、情報提供や相談窓口を開設しています。予約すれば専門家への相談もできるので、上手に支援を活用していきたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LinkedIn記事紹介、より良いリーダーになるための11のコツ

今週のLinkedIn Todayから記事を一つ紹介します。関心のある方は原文で正しい内容をチェックしてくださいね。

11 Simple Concepts to Become a Better Leader

人に好かれることは、仕事においても人生においても自らを助ける。成功しているリーダーにインタビューした結果、11の重要な原則を見出したそうです。

  1. Listening: 耳を傾ける
    良好な関係を築く基礎。
  2. Stroytelling: 語る
  3. Authenticity: 信頼できる
    語る言葉どおりの人間である
  4. Transparency: 開けっぴろげ
    隠すところがない
  5. Team Playing: チームで動くのが得意
  6. Responsiveness: すぐに対応する
  7. Adaptability: 融通がきく
  8. Passion: 情熱がある
  9. Suprise and Delight: 驚きや喜びを見出す、もたらす
  10. Simplicity: 何ごとも簡潔
  11. Gratefulness: 周囲への感謝

最後に、11の原則を凌駕するゴールデンルールが書かれていました。自分がそうされたいように、他に接すること。
"The Golden Rule: Above all else, treat others as you'd like to be treated."
自分が他の人に期待する態度(礼儀正しさ)を周りに見せることで、同僚からも顧客からもビジネスパートナーからもより尊重される。周囲を高く評価することで、会社の好感度は上がり、共に働く人たちのやる気を引き出す。他の原則と同じようにとても簡単に見える。しかし、たいていの人たちは儲けることに一生懸命で、Key Conceptsを取り入れていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Astah Plug-ins 紹介スライドを更新しました

モデリングツール Astahプラグイン開発用のSDKを公開していることをご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。コードリバースやFreeMind形式のファイルインポートなどサンプルプラグインも公開しています。

SlideShareでプラグイン紹介のプレゼンテーションを公開していますが、こちらを更新しましたのでご案内です。初めてSlideShareで公開した際、Google ChromeとFireFoxでは問題なく表示されるものの、IEでは縦横比が崩れる現象がありました。元の資料はPowerPointで作成し、PDFファイルで保存したものをアップロードしましたが、日本語のPDFファイルではフォントを埋め込んでいても表示が崩れることがあるそうです。対策としてPowerPointの保存形式を画像化プレゼンテーションにする方法があり、現在はこちらを利用しています。各スライドが図(画像)として保存されるため、表示やレイアウトが崩れることはありません。ただ、スライドの内容(文字数や色、使っている効果など)によってはファイルサイズがかなり大きくなることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーケジンより記事紹介「女性に関してありがちな7つの勘違い」

女性をターゲットにした商品やサービスの開発、マーケティングで、「ピンクの発想」という言い回しがあるのをご存じの方は多いかと思います。簡単に書くと、女性はピンクが好きなんだからピンクにすれば売れるだろうというような安直な考えで仕事を進めることを表しています。

確かに女性向けのお店や雑誌、サービス、アプリケーションなど、ピンクを用いることで成功した例は多くあると思いますが、ピンクにしたから売れたのではなく、ピンクを素敵に演出したからではないでしょうか。

今朝、マーケジンで見つけた記事は、「ピンクの発想」以外にも女性に関して一般的に言われることの多い表現が思い込みであることを調査データを元にして解説するものでした。

マーケジン、2013/02/04 11:00
女性のことわかったつもり? 女性に関してありがちな7つの勘違い

解説されている7つの例を引用しますので、その通りだと思う項目が一つでもある方はぜひ記事を読んでみてはいかがでしょうか。

  • 女性はピンクがたまらなく好き
  • 女性は保守的
  • 女性は車やコンピュータを買わない
  • 女性はパートナーと何でも共有したい
  • 女性は競争を好まない
  • 女性は買い物が大好き
  • 女性はネットやITを敬遠しがち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »