« 2013/1/28(月)、南青山で開催されるリーンカンファレンス2013 | トップページ | SEC journal 31より「非ウォーターフォール型(アジャイル)開発の動向と課題」 »

本日発刊、書籍「アジャイル開発とスクラム」

チェンジビジョン代表の平鍋が、野中郁次郎先生と共著で製作してきた書籍が本日発刊となりました。

『アジャイル開発とスクラム: 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント』
(出版元の翔泳社さんのサイトで、目次が載っています)

104814
(画像は amazon.co.jpへのリンク)

平鍋の元へ一足お先に届いた書籍を読ませてもらいました。「スクラム」も「アジャイル開発」も初めて聞く言葉という方には、それらが何か、なぜ今注目するのかといった点からじっくり学ぶことができます。どちらも知っているし、実践したこともあるという方には、第2部の実践例とインタビュー、第3部の特別対談が新たな気づきや確認の材料になるかもしれません。

私は言葉として両者を知っていたり、取り組んでいるチームを外から眺めたりはしていますが、ソフトウェアを開発する立場ではないためどちらの経験もなく、「はじめに」を読んだ後、途中を飛ばして最後の「特別対談  野中郁次郎 X 平鍋健児」を読みました。さらに、3社の実践とインタビューへと読み進み(戻り?)ました。実践した方が執筆している章では、各社のプロジェクトが詳しく紹介されています。事実と思いの両方がご本人の言葉で示されている点に力を感じました。

対談やインタビューには、人が実際に語った熱があります。書店で見つけた方はぜひ一度お手にとってご覧ください。また、上司や役員に自分たちの活動を知ってもらいたいという方は、野中郁次郎先生の紹介を添えて渡してみてはいかがでしょうか。

|

« 2013/1/28(月)、南青山で開催されるリーンカンファレンス2013 | トップページ | SEC journal 31より「非ウォーターフォール型(アジャイル)開発の動向と課題」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98967/48797917

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発刊、書籍「アジャイル開発とスクラム」:

« 2013/1/28(月)、南青山で開催されるリーンカンファレンス2013 | トップページ | SEC journal 31より「非ウォーターフォール型(アジャイル)開発の動向と課題」 »