« NDA(Nondisclosure Agreement)と英辞郎 | トップページ | CSS Nite in FUKUI, Vol.4、仁愛大学 吉村ゼミの発表を聞いて »

CSS Nite in FUKUI, Vol.4、林千晶さんのセッションに思う

先週の土曜日(2月19日)、ふくい産業支援センターの主催イベント「CSS Nite in FUKUI, Vol.4」が開催されました。私は福井駅近くの響きのホールで実施された第一回にも参加しましたが、今回は久しぶりで二回目の参加でした。CSS Niteはタイトルから分かるように、WEB系、特にWebデザイナーやWebプロデューサーを対象としたイベントで、私のようにツールベンダーに所属し、デザイナーでもデベロッパーでもない、広報やマーケティングの担当者は異例の参加者だったと思います。とは言え、私はウェブサイトの更新やコンテンツ作成、時々はカタログ製作も担当しているため、知識や技術は関係します。

県外から来られた講師による三つのセッションと、福井県内で活動している方による四つの地元セッションがあり、盛りだくさんで当然のように時間が延びましたが、発見も再認識もあって良かったです。七セッションのうち、最後に登壇された林千晶さんのセッションを聞いて考えたことを書いてみます。

セッションのタイトルと概要
講師: 林千晶さん(株式会社ロフトワーク代表)
タイトル: もし福井の女子Webデザイナーが「PMBOKガイド 第4版」を読んだら

林さんはPMBOKに関するこの講演を各地で複数回に渡ってお話されています。Web制作会社で働く20代の女性が主人公で、スケジュールの遅延や顧客要望の大きな変更など、プロジェクトで発生する問題に悩んでいた彼女が、ある日見つけた「PMBOKガイド 第4版」を読んで、プロジェクトマネジメントを学び自分の仕事を再発見する過程を解説されました。その場に居た方はお分かりになると思いますが、かわいらしいイラスト(と言っていいのでしょうか)が入った、視覚にも訴えてくるスライドです。

さて、PMBOKと言えばソフトウェア開発の分野では頻繁に耳にし目にする言葉で、プロジェクトマネジメントの講座やフォーラムも実施されています。PMBOKガイドをじっくり読んだことはありませんが、代表の平鍋がそういった場での講演経験があり随行したことがあるため、なんとなくは知っていました。今回のセッションでは、まずPMBOKガイドにおけるプロジェクトとは何かが定義され、参加者の私たちに、ぶつかったことのある問題を尋ね、PMBOKガイドの活かし方を紹介するという流れでした。

プロジェクトは、新しい何かを創りだす行為が含まれていて、かつ期限があるものを指すそうです。そして、プロジェクトの制約条件は、作業内容、納期、予算、品質の4つ。これらを調整していくことが、プロジェクトに携わるチームのミッションで、最適をどう見つけるかが肝だそうです。

PMBOKガイドには42のプロセスがあり、5つのプロセス群が用意されていますが、うち20が計画する段階にあります。林さんは、自分が関わっているプロジェクトで問題が出やすい部分(苦手なところ)を、PMBOKガイドのプロセス一覧で見つけ出し、そこを学ぶことから始めてもいいのではと言われていました。今までそうした考え方をしたことはなく、PMBOKはまず知識体系を学ぶことが大切だろうと漠然と思っていたため、小さく始める方法を教えてもらったように感じました。

セッションの後半になんと「アジャイルソフトウェア開発宣言」が紹介されました。チェンジビジョンに居ると、アジャイルはずっと前から存在していて、4月15日にはAgile Japan 2011も開催されますし、日常的なトピックです。しかし、Webに関わる仕事をしているデザイナーの皆さんにとっては新しい内容だったようで、その反応が新鮮でした。林さんは、PMBOKとアジャイルはぶつかるものではなく、PMBOKの各プロセスにおいてアジャイルのやり方を上手く取り入れることでさらに良い仕事にできるとお話されていました。確かに両者の強いところを取り入れられると良さそうです。

林さんは歩きまわってお話する様子(立ち姿)や声、雰囲気など、最大級に素敵な方でした。元々のセッションテーマ以外に、当日おまけでされたお話も素晴らしくて、Webの世界で仕事をしている人を力づけ、これからの可能性を信じさせる、イベントの最後を飾るにふさわしいセッションでした。

私にとっては普段接している考え方や知識も、ほんの少し違う分野では新しい考えやこれまでと違う見方として受け取られる可能性があることを体感したセッションでした。CSS Nite in FUKUI, Vol.4 に参加した皆さんには、ぜひプロジェクトファシリテーションを知ってほしいと強く思います。PMBOKもプロジェクトファシリテーションも、プロジェクトを成功させたいという思いは同じで、きっと毎日の仕事に役立ちます。自分が所属するお隣りの業界を覗いてみるのは、仕事を新しい目で見るきっかけだと感じました。

最後に、林千晶さんが広島で講演された時のリンクを載せておきます。かわいくて楽しいスライドを見てみてください。

林千晶さんのブログ 「女性ベンチャー起業家の細うで繁盛記」
萌えプレゼン at CSS Nite in HIROSHIMA

|

« NDA(Nondisclosure Agreement)と英辞郎 | トップページ | CSS Nite in FUKUI, Vol.4、仁愛大学 吉村ゼミの発表を聞いて »

講演・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98967/39011703

この記事へのトラックバック一覧です: CSS Nite in FUKUI, Vol.4、林千晶さんのセッションに思う:

« NDA(Nondisclosure Agreement)と英辞郎 | トップページ | CSS Nite in FUKUI, Vol.4、仁愛大学 吉村ゼミの発表を聞いて »