« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

会社の地図を作りました

チェンジビジョンは 3月中旬に事務所の引っ越しがあり、現在は新宿御苑前が最寄り駅です。以前入居していた三井ビルと違って、ビルのウェブサイトがないため、しばらく会社地図のない日々が続いていました。取材や見学で訪れる方も多いので、引っ越し時点から地図が欲しいなぁという社員の声は聞こえていたのですが、都度、道順を説明して来ていただいていました。4月に開催された終業後の見学会では迷った方もいらしたそうで、申し訳なかったです。

今月もお客様や雑誌記者の方、パートナー企業など来客がありますので、今朝思い立って地図を作ることにしました。東京都心は高層ビルが多く、空や太陽、周囲の風景が見えないため、道に迷いやすい土地だと言われます。方向音痴だと思っている人も、高層の建物がない地域では迷う回数がぐっと減るような場合もあるそうですチェンジビジョンには本当に道に迷いやすい(方向が分からなくなりがちな)社員が居ますから、その社員が初めて見て、一度で目的地(チェンジビジョン)に到達できる地図ができれば最高です。とは言え、既に何度も来たことがありますので試すことはできませんでした。ひとまず、最寄り駅から会社のあるビルまで、道路、交差点(信号)、途中のコンビニを目印に地図を作成しました。

会社サイトの ABOUT US ページに住所と共に掲載しましたので、これからチェンジビジョンにいらっしゃる方が迷う回数が減るといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オブジェクト倶楽部イベント

すっかり恒例になった、オブジェクト倶楽部の夏イベント、参加募集が始まっていますね。
2008summer_event_banner

日時: 2008年7月1日(火) 10:00~18:40
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター

今回はワークショップを中心とした体験できるセッションが多いそうです。チェンジビジョンからは熊谷が講演で参加します。アジャイルと聞くとどうも・・という方に、自身の経験をふまえ、マネージャーにとってアジャイルはどうなのかを語ります。

セッション内容ページ

スタッフブログも開設されています。
イベント特設ブログ 「ラブ!オブラブ!」

人気のあるセッションは早々に定員に達するようですから、皆様どうぞお早目に申し込んでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業事務の引き継ぎ

今月から東京勤務の社員が1名増えました。そこで、先週は営業事務や庶務を担当している社員に、業務の引き継ぎをしてもらいました。これからは私も含めて3名が受注に関連した作業を担当できるようになるため、良かったなぁと嬉しい気持ちです。社員数が少ない会社に居ると、必要に迫られていろいろなことをするようになりますが、それは良いことでもあり、多少大変なことでもあります。

先月下旬、引き継ぎのために作業内容をまとめてもらいました。今担当している社員にとっては、こうした作業リストを作成することは、自分が日々どんな作業をしていて、何に時間をとられているのかを把握するために役立ちます。チェンジビジョンでは、営業事務の一言では想像できない様々な種類のリストを管理しています。もちろん一つ一つに意味があり、販売の波を観察したり監査資料になったり、経費の揺れをチェックしたりしています。業務が滞りなく進むには、それ自体では一つの仕事としてみなされにくい小さな作業がたくさん必要になります。例えば、コピー用紙を補充するとか、共用の作業テーブルを片付けるとか、プリンタのトナーを交換するといったことは、発生した場合、至急かつその時点では重要な作業であるにも関わらず、仕事として認識されにくいものです。私はなぜか電球やトナーの交換に頻繁に遭遇する(交換のタイミングでプリンタを使ったり、電気をつけたりすることが多い)ため、社屋のどこに予備の蛍光管が保管してあって、誰にどう言ってお願いすれば良いのか知っています。会社の設立から2年3ケ月経ちましたが、会社って本当に細かい仕事で成り立っているなぁと日々感じます。小さなことでもなるべく動きやすいように、働きやすいように考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書籍] エンジニアプロ論

先月末に『オンリーワンになるためのエンジニアプロ論』という本が出ました。翔泳社の開発の現場で連載されていた記事が一冊にまとまったものです。パート1~4があり、19人のエンジニアのプロが自分や仕事について語っています。その中に、チェンジビジョン代表の平鍋のインタビューも掲載されていました。2006年1月が初出の記事ですから、チェンジビジョン設立前、ちょうど準備していた頃のインタビューではないかと思います。プログラミングとの出会いに始まり、オブジェクト指向やデザインパターンを学んでの気づき、XPに出会った衝撃、人に対する思いを深めるに至った経緯が述べられています。

元になっているのは「スターエンジニアのMy First Program」、「リーダーに聞く」という記事ですから、インタビューが収録されている方は本当によく知られていて、どなたが目にしてもお名前をご存知の方ばかりだと思います。人の話を聞くことは学びにつながると思いますが、普段気になっている方のパートから読むのも良いですね。

4月に入社したエンジニアの卵が、そろそろ各部署に配属され実業務に入っていく時期の6月、こういう書籍を読んでみるのも気持ちを盛り上げる一つの方法かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経SYSTEMSの開発支援ツール調査

先月発刊された日経SYSTEMS 6月号に、開発支援ツールの調査結果が掲載されていました。今回の調査では、JUDEが分析/設計ツールの部門で総合満足度1位に選ばれ、本当に嬉しい結果となりました。日頃、JUDE製品をご利用の皆様のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

調査結果の中で、「ツールに対する評価項目別の重要度」というグラフを見てみると、実際に使うメンバーが使い方を覚えやすいとか、操作しやすい(操作性)とか、効率アップにつながるといったことが重要視されていると分かります。JUDEは、誰にとっても使い始めやすいツールでありたいと考えていますので、今回の調査でインストールや初期設定に関して高い評価がついたことは本当に嬉しかったです。昨年もこの特集が掲載された日経SYSTEMSは永久保存版として回覧されましたが、今年も同じように社員に大きな喜びをもたらした輝ける6月号として保管されることになりました。

今後も皆さんに快適に使っていただけるよう、ツール自体の機能追加や操作性の向上はもちろんのこと、ウェブサイトでの情報発信を進めたり、参照できる資料を増やしていったり、様々な試みを継続していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.3ベータ版のリリース、DBリバース機能

先週、5月30日に JUDE/Professional 5.3 ベータ版をリリースしました。バージョン 5.3では、DBリバース機能や編集API、C#対応などが新機能として追加されています。ベータ版のため、既存のプロジェクトファイルは決して上書きせずにお試しいただきたいのですが、データベースを読み込んでER図を生成したい方はぜひ一度、機能紹介のページをご覧ください。

JUDE DBリバースコンポーネント機能紹介

HTMLで閲覧するだけでなく、PDFファイルをダウンロードできますから、チュートリアルとしてご利用ください。開発現場の皆様に役立つ機能の一つになれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »