« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

日経ソフトウエア - フリーソフト特選

午前中に見本誌が届きました。編集部の方、どうもありがとうございます。
恒例となった特集なのでしょうか、日経ソフトエウエア 6月号の「フリーソフト特選」に今年も JUDE/Community が収録されています。付属DVDには 170ものフリーソフトウエアが収録されているそうで、誌面には分野ごとに紹介記事があり、今ちょうどソフトを探しているという方も、この特集をご覧になると欲しかった一本が見つかるかもしれません。JUDE/Communityは Java関連のフリーソフトとして収録されましたが、この分野の記事は「Java プログラミングの強い味方 Eclipseを使いこなす」で、画面キャプチャが多く、ウェブサイトの編集で Eclipse を使っている私にも参考になる(到底使いこなせてはいませんが・・)部分がありました。私は Eclipse の画面構成? メニューの並び?すらよく分っておらず、検索の方法も少し前に開発メンバに教えてもらってやっと分かったような状態です。使わなければならない部分だけ、その都度質問するため、使っていない機能の方が圧倒的に多く、Eclipseの良さや面白さを実感できるまでには至っていません。とは言え、TRICHORD開発メンバもJUDE開発メンバも Eclipseを活用していますし、ユーザーからそうした要望が寄せられることもありますので、Eclipseの利用人口は増えているだろうと想像されます。

今回の特集には、テキストエディタやプロジェクト管理ツールも含まれていますので、開発を業務としていない方にも役立つソフトがあるのではないでしょうか。私自身はメモ帳で HTMLを書くこともありますが、世の中には便利なフリーソフトがあふれていますね。誌面を眺めて少し学んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SODEC2008は、5/14~16です

今年のSODEC(ソフトウェア開発環境展)は、5月14日(水)~16日(金)、東京ビッグサイトにて開催されます。同時開催の展示会も多数あり、ソフトウェア開発の分野では組込み系のESECにいらっしゃる方も多いかと思います。チェンジビジョンは今年もSODECに出展し、JUDE、TRICHORDのデモンストレーションを実施します。当日の会場図が公開されましたので、来場予定の皆様はどうぞ事前にレイアウト図をご覧ください。また、公式ウェブサイトにて無料招待券の申込が可能ですからぜひ入手してください。(当日は入場料 2,000円が必要になります。)

ソフトウェア開発環境展
ソフトウェア開発環境展 会場レイアウト図
日程: 2008年5月14日(水)~16日(金) 10:00~18:00 (最終日は 17:00まで)
会場: 東京ビッグサイト(国際展示場)

チェンジビジョンのブースには、各製品の開発メンバもスタッフとしておりますので、ご質問・要望など開発者と直接の意見交換もできます。どうぞお気軽にお声がけくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフショア開発セミナー

5月13日(火)にオフショア開発実践セミナーを開催することになりました。豆蔵さんと共同です。

チェンジビジョンの製品は海外ユーザーも多く、特にJUDEは無償版の公開が長い(約10年)こともあり、現在は国内ユーザーより海外ユーザーが多くいらっしゃいます。JUDEは日本と中国(上海)のメンバが協力して開発している製品で、チェンジビジョン自体がオフショア開発を実践しています。JUDE開発部には日本語の非常に堪能な中国出身の開発者が居て、今回のセミナーではセッションを一つお願いしています。

彼は現在もオフショア開発の真っただ中で奮闘していて、日々、日本と中国の違いを感じ、両方の良さをよく知っている人物です。海外との協同プロジェクトが既に日常になりつつあるソフトウェア開発の現場で、自分の経験を母国語(中国語)だけでなく、日本語でも存分に語ることのできる強みを持っています。オフショア開発に取り組んでいる方や、今後予定のある方にとって興味深いセッションが展開されることと思います。ご興味のある方はセミナーページをどうぞご覧ください。

オフショア開発実践セミナー
中国オフショア開発 本気で取り組むための準備と心構え

日程: 5月13日(火) 14:00~17:00 (受付 13:30~)
会場: (株)豆蔵 トレーニングルーム

先着 20名が定員です。SODEC(ソフトウェア開発環境展)ESEC(組込みシステム開発技術展) の会期前日に開催しますので、展示会にいらっしゃる遠方の方もどうぞ参加をご検討ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »