« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

翻訳という仕事 エンジニアマインド Vol.9より

エンジニアマインド Vol.9の見本誌が弊社に届きました。ぱらぱらとのぞいてみると、翻訳をテーマにした記事がありました。
エンジニアマインド Vol.9
「翻訳に学ぶ 伝える英語力・日本語力」


先月出版されたばかりの『リーン開発の本質』の訳者でもある高嶋優子さんが書かれています。高嶋さんはXPやアジャイルに関連した書籍をいくつも翻訳されていますので、お名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。今回の記事は、技術翻訳がどういうものか、どうして技術翻訳に取り組むのか、何を心がけているのかといった、翻訳者としての高嶋さんの考え方やコツがいっぱいに詰まった内容です。私はこの数年間お会いする機会がありませんが、お名前の入った書籍を見るたびにその活躍を実感します。

エンジニアマインドは雑誌の形態からウェブへの移行が決まっていますが、毎号、実際にお会いしたことのある方が多く執筆されていて、とても近くにあるような気持ちで読んできました。これからもそうした身近にある印象が続き、一層幅広い方の記事を目にすることができればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TechTarget 使用許諾契約の記事

チェンジビジョンはソフトウェア製品を開発・販売していますので使用許諾契約を目にする機会は多く、特に法人のお客様からは社内での利用に関して問い合わせをいただくこともあります。使用許諾契約は隅々まで読むと、本当に様々な許諾や制限事項が書かれていて、契約書の用語は日英問わず非常に難しいです。おそらく日常で使用するソフトウェアの使用許諾を読んでいない方もいらっしゃると思いますが、昨日、TechTargetで海外記事の翻訳(3回の連載)を見つけましたので読んでおくことにしました。

うっかり違反でリスクを冒さないために
ソフトウェア使用許諾契約の鍵は適用範囲にあり

想定する利用範囲が使用許諾に記載されている内容でカバーできるかどうかを確認するには、やはり一通り読んでみる必要があるのではと思います。どんな契約書もいざ自分が担当になって内容を検討するのは難しいものですが、定型の文章や用語をウェブサイトで検索することもできますし、少しずつ理解できるようになりたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ComponentSource Award 2007

先日、チェンジビジョン製品の海外販売をお願いしているコンポーネントソース社から、2007年のアワードのお知らせが届きました。2006年に続いて、2007年も表彰を受けることができ、パブリッシャー(開発元)、プロダクト(製品)のどちらもにランキングに入ることができました。

Cs4pub2007jsmall
コンポーネントソース アワード イン ジャパン 2007
No.4 開発元


Cstop10product2007jsmall
ベストセリング プロダクト アワード 2007


プロダクトアワードでは、JUDE/Bizが 10位に、JUDE/Professionalが 15位に入りました!
2008年も好調を維持し、来年春にはさらに上に入れるようにがんばっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライセンスFAQを更新しました

JUDE製品のFAQを更新しています。先週は JUDE/Bizの製品FAQのカテゴリ分けを変更し、「サポートサービス、サポートライセンス」についてという新しい区分を設けました。サポート更新に関する問い合わせが増えてきたこともあり、これまでまとめて書かれていたのですが分けた方が探しやすいのではないかと考えて変更しました。今週は、JUDE/ProfessionalのライセンスFAQを更新しています。こちらも区分を変更し、次のようなカテゴリを作りました。(既存の設問も小題に合わせて移しました)

JUDE ライセンスFAQ
・ライセンスの利用、種別、登録ライセンスの確認などに関して
・JUDE/Professional ユーザーライセンスに関して
・JUDE/Professional サポートサービス、サポートライセンスに関して
・JUDE/Professional タイムドライセンスに関して

FAQに掲載する設問の書き方や区分の仕方は、どうすると分かりやすくなるのか更新の度にとても悩みます。当たり前に思えることがユーザーにとってはそうでないことも多く、かと言ってあまりに詳細では知りたいこと以外の情報が増えてしまいます。ユーザーからの問い合わせを元にしたFAQ作成・管理用のツールもあって気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不具合情報を公開

先月発表したファカルティサイトライセンスは、発表直後からお問い合わせをいただき相当数の利用が始まっています。できるだけ使いやすいように内容を考え、価格も思い切って出していますので、ご興味のある教育機関の方はぜひサイトをご覧ください。
年間5万円の教育機関支援プログラム
ファカルティサイトライセンス

さて、先月からJUDEコミュニティサイトで不具合情報の公開を始めました。これまで、リリースノートに既知の不具合を掲載してきましたが、今後はリリースノートに掲載されているもの以外で発見された不具合を随時追加していきます。
JUDE/Professional 不具合情報(日本語)
日英共にありますので、英語でコミュニケーションをとる必要がある場合は、英語の不具合情報ページをご参照ください。
JUDE/Professional Bug Report(英語)
トピックタイトルに、【対応済み】とついているものは既にリリースされたバージョンで修正されています。

不具合の少ない製品を提供することと、発見した不具合を公開することの両方に努めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »