« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

用語の難しさ

チェンジビジョンではいくつかの製品を開発・販売していますが、サポート窓口へ届くメールやアンケートの回答を見ていると、言葉を用いるとはこんなに難しいものかと考え込んでしまうことがあります。

システムやソフトウェアを開発する際も、共通の用語を認識を合わせて使うことが大切であると言われていますが、文章のみでやり取りする場合が多いユーザーと製品サポート担当にも同じことが言えます。先日、エラーログという語について、ソフトウェアがどのように出来上がるのかを全く知らない方には通じないのでは?という思いから変更が提案されました。おそらく、業務としてなんらかのプログラムを書いた経験のある方なら、ログという表現は想像がつくと思います。しかし、メールの送受信とウェブ検索、エクセルやワードでの文書作成がPCの主な利用法である場合、エラーが発生したらログを送ってほしいと言っても、ログとは何か?という疑問が出てきてしまう可能性があります。新人教育でしばしば電話応対やメールの書き方の練習がありますが、これはまず会社で使われる言葉を知り、慣れる必要があるからではないでしょうか。

サポートを通じて、自分たちの開発している製品が、どういった分野のどのような場面で使われるのかをじっくり見極める大切さを感じます。ユーザーに沿った言葉を用いることを心がけて、今後もサポートを続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サポートミーティング

昨日、JUDEの製品サポートを担当しているスタッフが出張で東京にやってきました。サポート業務の内容やそれに携わる気持ち(心構え)、問合せ対応の流れについて、TRICHORD開発メンバと打合せをするためです。TRICHORDのサポートはまだまだ件数が少なく対応例の蓄積がないため、サポートの基本方針を固め、それに沿って考えていくことになります。幸いJUDEのサポートは日々様々なお問合せをいただき、関わるメンバも多く、知識やノウハウがたまってきていますので、そちらも参考にしながら、常に基本に沿って考えていきます。

理想は、ユーザーが一度も首をかしげることなく使い始めることができ、使いこなせるようになるサポートの不要な製品ですが、実現は非常に難しいです。毎日届くユーザーの声を受けて、製品サイトの改善、FAQの更新、コミュニティサイトへの追加等、手を加えていますが、これは積み重ねと考えてこれからも続けていきます。

サポート業務と一言で表現していますが、その内容は非常に幅広いものです。購入前の検討段階にある評価者からの疑問や質問、有償製品ユーザーからの機能や操作、ライセンスに関する質問、全製品の不具合報告など、サポートと聞いてすぐに思いつく内容から、研修や授業で使いたいという要望への対応(JUDE/Communityの二次配布)、セミナーの運営、製品ウェブサイトやコミュニティサイトの運営など、製品とユーザーに関係する開発以外の大半が入ります。

私は製品を販売する立場としてサポートという業務を本当に大切に思っています。製品を使う前のお客様も製品を使っているユーザーも、やり取りするのはサポートです。サポートは、デベロッパーとユーザーの接点として、より良い製品に育つ場を整える存在だと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XDev レビュー記事公開

9月7日、台風直撃の中、開催されたX-over Development Conferenceのイベントレポートサイトが公開されました。

XDev 2007 Review
イベントレポートページ


脳科学者の茂木健一郎さんと弊社平鍋の対談レポートもございますので、参加された方も、交通機関の影響で会場へ来られなかった方も、ぜひご覧ください。
X-Overセッション
開発意欲を導き出す現場づくり そこから創造力が生まれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Java Festa in 札幌 2007

11月2日(金)、Java Festa in 札幌 2007というイベントが北海道で開催されます。
■開催概要
Java Festa in 札幌 2007
日程:2007年11月2日(金) 10:00~17:00
テーマ: Javaでつくる! ~Javaの可能性をみつけてみませんか?~
入場料は無料、来場予定 500名の大きなイベントです。

こちらのイベントで、弊社平鍋のセッションがございますので、札幌近辺でご興味のある方、どうぞご参加ください。なお、そろそろ満席になるそうですからお早目にサイトをご覧ください。

【C-3】 「Java、Ruby、そしてAgile」
「Ruby on Rails」で Web 開発に衝撃を与えたRuby。そして、すばやい繰り返し開発をテストで駆動するAgile。 JavaとRubyの違いは何か。双方の優位性は? そして、Agile開発との関係は?これまで10年のソフトウェア開発の歴史を踏まえ、2007年から2010年のソフトウェア開発の現場で起こるパラダイムシフトについて予測します。
(タイトルと概要を公式サイトより引用しました。)

初冬の北海道で、Javaを極めるイベント、懇親会もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUDE製品のパートナーが増えました

先週、JUDE製品サイトの代理店(パートナー)ページを新しくしました。JUDEには製品販売を専門にする、流通やオンラインショップなどの販売パートナー以外に、JUDE/ProfessionalやJUDE/Bizを用いたコンサルティングを実施しているコンサルティングパートナーと、システム開発やオブジェクト指向開発のセミナー・研修を行っている教育パートナーがあります。喜ばしいことにJUDE製品を取り扱うパートナー企業が増えてきたこともあり、代理店ページを独立させました。

ユーザーの皆様からは時折、教育は実施していないのか、コンサルテーションを考えてもらいたいといったお問い合わせをいただくことがありました。今後は、JUDE製品サイトからパートナー企業へジャンプできるようになりましたので、様々なサービスを実施している企業へ直接お問い合わせも可能かと思います。

製品の成長と共に、より広く扱われるような活動も大切にしていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRICHORDコミュニティサイト、オープン!

TRICHORDコミュニティサイトをオープンしました! TRICHORDは販売前からフィードバック用のメールアドレスを用意していましたが、実際にメールで感想や要望を送ってくださるユーザーはなかなか居ませんでした。私も自分のPCに様々なソフトをインストールして利用していますが、有償・無償を問わず開発元や購入先にメールで問い合わせをしたことはほとんどありません。使っている中でちょっとした疑問があっても、ヘルプを見たりウェブで検索したりして解決するか、分からなければそのまま曖昧にして終わらせてしまいます。

コミュニティサイトは、こうした使っているうちに出てくる小さな?(はてなと思うこと)やちょっと自慢したいこと、独自の工夫やコツを共有する場として用意しました。TRICHORDユーザーは数で言えばまだ多くはありませんが、初期の頃から使い込んでくださっている方も居て、ユーザー会を実施して直接お話をすると、いろいろな発見やヒントをもらうことがあり、この気づきをサイト上で公開できれば嬉しく思います。

ユーザーの皆さんとの接点が一つ増えました。気軽に質問でき、知りたい情報を探せる、一緒にサイトを作り育ててもらうには何ができるか、それが考えどころです。

Trichord_webtop16
TRICHORD コミュニティサイト


皆さん、まずはフォーラムへ一言書きこんでみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gihyo.jp のポッドキャスト

公開は先月でしたが、今日はポッドキャストのご紹介です。
技術評論社が運営している gihyo.jpで、一月に一人のゲストへのインタビューを毎週公開しているポッドキャスト連載があります。Software People という雑誌を復活させたというコンセプトで、今年の5月から続けられています。10月は、技術評論社の各編集部の皆さんが 2008年のIT業界の動向を予測するという企画で、異なる媒体の編集者の方がそれぞれどんなことをお話されるのか、雑誌のカラーはあるのかがとても気になるところです。

さて、このポッドキャスト、9月は弊社の平鍋が登場していました。毎週水曜日に1回ずつ公開され、全4回で「プロジェクトファシリテーションと見える化」というテーマを語っています。gihyo.jpの紹介文を引用しますと
「9月は,プロジェクトファシリテーションをキーワードに,チームビルディングとプロジェクトマネジメントのポイントを平鍋健児さんにお伺いします。」とあり、各回のタイトルを見ても、平鍋がこの数年間、活動を続けている内容で展開されていることが分かります。
プロジェクトファシリテーションの概要
プロジェクトファシリテーションの始め方
マインドマップをソフトウェア開発で役立てる
ソフトウェア業界を元気にする方法
ご興味のある方、どうぞ聴いてみてください。

数年前と比較すると、PCで動画や音声を自由に見聞きできる環境が急激に整いつつあり、セミナーや講演のポッドキャストもどんどん増えていて、コンテンツを販売して収益を得るというビジネスも成り立っているようです。チェンジビジョンは今月から来月にかけて、秋のセミナー集中月間をむかえていますが、こうしたコンテンツもより多くの皆さんに利用していただけるような方法を考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膨大な専門情報サイト

今日はJUDE/Biz 2.0 がリリースされました。新たに職務分掌表を作成する機能を搭載した他、ファイルへのパスワード設定やロック(読み込み専用設定)も追加されましたので、複数人の担当者が更新や編集をする場合に便利になったと思います。
JUDE/Biz 2.0 新機能
・職務分掌表
・業務単位でまとめて印刷、まとめてExcelへ出力
・プロジェクトファイルへのパスワード設定
・開いているファイルに対するファイルロック機能(読み込み専用)
・フロー記号、業務記述書のカスタマイズ
・コマンドラインツール
10、11月は、業務フロー作成法解説セミナーを実施しますので、ご興味のある方はどうぞセミナーページをご覧ください。

新バージョンのリリース日にはプレスリリースを配信することが多く、今回もIT関連の媒体にメールを送信しました。また、プレスリリースを受け付けているウェブサイトの専用フォームに書きこんだりします。こういった受付サイトで知らないところ(新しく開設されたところ)がないか検索していると、世の中には本当に膨大な数の専門情報サイトがあることに気づかされます。今週見つけたのは、トラック(車)やスイーツに関するリリースのみ受け付けているサイトでした。新聞や雑誌でも、特定の分野に限られた情報を密度濃く記事にしている媒体がありますが、ウェブサイトでの情報検索が普及したことで、さらに細分化した情報を集め、展開することも可能になったのだと思います。時々、違う分野のサイトを見て作りを学ぶのも面白いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUDE会議がありました

今週は、9、10日とJUDE会議がありました。JUDE開発部、営業、マーケティングが集まって、現状の把握(数字を含めて)、近い予定、これからの方針などを決める月に一度の重要な数時間です。

会議は、開発の進捗や営業活動の報告、マーケティングのトピックなど、定例の内容を全員が共有することから始めます。事前にメーリングリストで流れている議題に沿って、プロジェクタで議事録マインドマップを投影しながら進められます。(JUDE/Professional、JUDE/Think! に議事録テンプレートがありますので、どうぞ使ってみてください。)
マーケティングからは、先月、米国ボストンで開催されたイベントに出展したTRICHORDについても話をしていました。開発メンバ同士が直接会って話をする機会は頻繁にはありませんから、福井と東京を行き来するメンバが折に触れ、今どんなことをやっていて新しくこういうことをしているよと話をするようにしています。私も二つの開発部をじっと見るチャンスがあるので、つくづく違って興味深いなぁと思いながら接しています。

JUDE開発部は人数が多いようで、実は実装に携わるメンバは少なく、サポートやユーザーデータのシステム管理やウェブの運営といったように、販売に関わる作業にもかなり多くの時間が費やされています。TRICHORD開発部は、企画、開発、販売、サポートまで、チーム全員が関わっていますから、こちらも作業量は多く、開発以外の場でユーザーとの関係を作る(ができる)過程を、今まさに体験しています。
私は、主にマーケティングを担当していますが、サポートや販売やその他もろもろ区分できない作業をしていて、ものを作り売るには小さな会社でも驚くほどたくさんの業務があるものだなぁと、会社が設立される時からずっと感じ続けています。

さて、タイトルと内容がさっぱり合っていませんが、今回は9日夜にリリース打ち上げもあったため、みんなそろってにこにこしながら、新バージョンのリリースお疲れ様を言い合いました。
JUDE会議では、次バージョンにどんな機能が搭載されるか、開発部とマーケティングがそれぞれ全く異なる見方で話をし、最後は結論を出して終わります。10月のJUDE会議で決まった内容は、きっとそのうち皆さんのお目にかかる製品に反映されることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォント設定は難しい?

JUDEにはユーザーに知られていない細かい機能がとてもたくさんあります。コミュニティサイトでは昨年から継続してTIPSが公開されていますが、たまにそういった機能があること自体知らなかったというご意見をいただくことがあります。実際に書きこんだり、サイトを見て感想をくださる方というのは、ユーザーの中でもごく少数ですから、その後ろには同じ気持ちを持っている多くのユーザーが居るかもしれません。という気持ちで、FAQに項目を追加したり、TIPSを眺めたりしていますが、ここを見ればもしかしたら書いてあるかもと思われるページを作るのは非常に難しく、実験が続きます。

コンテンツが少ない間はすぐに見つかっても、掲載する項目が多くなればなるほど、検索の必要性とそれが期待した結果をもたらすかへの要求は高まります。ウェブサイトを更新し続けるというのは、使えるサイトを維持することで、これまでやってきたことも、今やっていることも、将来やることも全てがすんなりと収まっている状態までは、とても長い道のりがあります。

さて、今日のタイトル通り、JUDEのフォント設定方法を紹介するTIPSへのリンクを貼っておきます。
TIPS: フォントの設定(JUDE/Professional 5.0以降)

他にもたくさんのTIPSがありますので、どうぞJUDEコミュニティサイトをご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRUD搭載の新バージョン Pro5.1をリリース

本日、CRUDを搭載したJUDE/Professionalの新バージョン 5.1をリリースしました!
今回の目玉はCRUDですが、それ以外にもフローチャートとUMLの連携機能を実現したり、図要素にグラデーションや影を設定できるなど、機能追加、改善など多数ありますので、ぜひ新しいバージョンをご利用ください。

Jude_icon_professional_16 5.1の新機能

JUDE/Professional アップデート情報

併せて JUDE/Community 5.1もリリースしました。
JUDE/Community アップデート情報

また、JUDEコミュニティサイトにて、TIPSを続々公開しています。「JUDEの使い方」フォーラムで、トピックタイトルに [TIPS] とついていますので、こちらもどうぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のミニセミナー(毎週水曜です)

10~11月は、毎週水曜日に秋のミニセミナーを開催していくことに致しました。2種類の短時間セミナーを交互に実施予定です。既にチェンジビジョンのウェブサイトに、決定した開始日を掲載していますので、ご興味のある方はどうぞお申し込みくださいませ。
参加費無料、各回の定員が 10名という少人数セミナーで、ポイントを絞って解説します。

業務フロー作成法解説セミナー
日程: 10月17日(水)、31日(水)、11月14日(水)
(各1回のセミナーです)
時間: 13:00~14:15 (受付 12:45~13:00)
内容:内部統制プロジェクトの文書化で、まず着手することの多い業務フローの基本知識と、作成時に考慮すべきポイントを解説します。セミナーの最後に、内部統制のための文書化支援ツール JUDE/Bizについて5分程度でご紹介します。

プロジェクト推進力向上セミナー
日程: 10月24日(水)、11月7日(水)、11月21日(水)
(各1回のセミナーです)
時間: 13:00~14:15 (受付 12:45~13:00)
内容:プロジェクトの進捗をリアルタイムに把握し、チームメンバの情報把握を円滑にする週報ファーストの進捗管理を解説します。セミナーの最後に、チーム作業と改善を促進させるプロジェクトマネジメントツール TRICHORDについて5分程度のご紹介があります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »