« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

Biz製品FAQを作りました

昨日、JUDE/Bizの不具合修正版 1.1.1をリリースしました。約6時間に渡って誤ったバージョンが公開されていたため、再ダウンロードとなった皆様にはご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。

Biz製品については、モデリングツールではなく、ユーザー層も開発者ではない場合が多いことから、これまでJUDE製品でまとめられていたFAQから、Bizに関する内容を抜き出し、さらに項目を追加して「Biz製品FAQ」を作成しました。JUDEコミュニティサイトでも、Bizに関するご質問や要望などを受け付けており、こちらから判明した内容も追加しながら、より分かりやすいFAQへ整えていきたいと思います。

それから、製品サイトにはまだ掲載していませんが、JUDE/Professional のボリュームパックキャンペーンを延長することに致しました。お問い合わせも多く、好評をいただきまして、本当に嬉しく思っております。UML、ER図、マインドマップを一つのツールで描画できるJUDE/Professional、評価版は20日間、全ての機能を利用できます。この機会にどうぞお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震とバックアップ

昨日、石川県能登で大きな地震がありました。チェンジビジョンの拠点は福井にもありますので、様子を聞いてみたところ、震度 3~4、影響はなかったそうで良かったのですが、最近、社内資産のバックアップ状況を聞いてまわったこともあり、こういった機会に対策を考えておくべきだろうと思いました。理想は物理的に離れた複数地域(海外を含め)に常にバックアップデータを保管し、天災の発生時には別の場所で業務を再開できることですが、実際は万全に整えるのは難しい状況です。さらに、データだけでなく、業務そのもののバックアップも大切で、それはつまり様々な役割をこなせる人を増やすために、そのチャンスと能力を伸ばせる場を提供することかもしれません。チェンジビジョンはまだまだ小さい会社で、小さいからこそできるいろいろなことがたくさんあります。(しなければならない場合もありますが) 今のうちにできることを尽くしておきたいと思う毎日です。

今回の地震で影響を受けた皆様が早く日常を取り戻せますようにと祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月はリリースが続きます

本日、JUDE/Professional、Community 3.2.1、及び JUDE/Server 3.2をリリースしました。お待たせしていました Server 3.2を出しましたので、チーム開発機能をご利用の皆様、どうぞ新しいバージョンをご利用くださいませ。
JUDE/Professional アップデート情報
JUDE/Community アップデート情報

3月は来週にBizのリリース予定もあり、下旬に入って慌しい日々ですが、チェンジビジョンにとっての年度末でもあり、良い期末を迎えられるよう、あと一週間努めていきたいと思います。もちろんサポートや要望は期末に関わらず、常に受け付けておりますので、意見・感想などお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブサイトの更新

チェンジビジョンはいくつかのウェブサイトを運営しています。JUDE製品サイト、TRICHORD製品サイト(フィードバックサイトも)、JUDEコミュニティサイト、会社のサイトとあり、私はその全てに関わっているのですが、製品ごとに大切に考えていることも、機能も、リリース予定も違いますので、更新はかなり頻繁に発生します。特に、会社のサイトは、製品リリースやセミナーの案内、掲載された記事の紹介、社員が参加する(した)シンポジウムや講演のお知らせなどを、できるだけ網羅し、かつ新しい状態に保ちたいと考えているので、毎日2~3行の更新をするような時期もあります。マーケティングを担当するようになって、会社が何に関わっていて、社員がどうやって外に出て活躍しているのかを、これまで以上に、じっと気をつけて見るようになりました。すると、本当にいろいろな Newsがあることが分かってきて、もしかしたら、新入社員に自社のニュース集めをしてもらったら、この上なく理解が深まるのでは、と思いました。

チェンジビジョンのサイトはいつでも旬な情報がある場として、訪れる皆さんに役立つ内容を目指して、これからも小さなニュースを見逃さないよう努めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

要望受付とサポート

設立当初は、UMLモデリングツールのみだったチェンジビジョンの製品も、1年を経過し、4ラインまで増えました。
システム設計支援ツールへと方向性を転換しつつあるJUDE/Professional、マインドマップ描画ツールのJUDE/Think!、内部統制のための文書作成ツール JUDE/Biz、そしてプロジェクトの今を見える化するTRICHORD。
JUDE/Think! を発売する際は、Mac OSXの正式サポートを実現するため、Macユーザーの皆様にモニターをお願いし、ショートカットキーの割り当てやファイル選択時に表示されるダイアログまで、実に様々なご意見をいただきました。単純に動くだけではダメで、Macでは当然の見え方やキーの使われ方など、Windowsと同様にマウスなしでもすいすい操作できるマインドマップツールを世に出そうと調整が続きました。MacOSXで動作するマインドマップツールは他にもありますが、手軽さ、操作性、線の美しさ、増員予定のある企業にとっての追加容易性など、お薦めできる点がいくつもあります。少しずつではありますが、Macユーザーの方も増えてきていますし、これからもっと多くの方に知ってもらえるよう、お知らせなど工夫していきたいと思います。

さて、今日はTRICHORDの定例ミーティングがあり、サポートの流れを再検討しました。問い合わせは、製品そのものについて、購入ルートや価格に関して、ご購入後の使い方について、といったように様々です。窓口によって主担当はありますが、チーム内あるいは部署をまたいで、都度話しながら進められます。JUDEはサポート情報の蓄積がありますが、TRICHORDはこれからということで、考えながらやっていきます。JUDEのサポートを見ていて感じることは、サポートという業務は担当した人にそのノウハウが蓄積されていくもので、どんなに情報を共有していっても、日々お客様からのメールを読み、回答を続けている人の対応には、きめ細かな周辺情報が盛り込まれるものだなということです。これからも、全ての製品において、ユーザーの皆様に理解と納得を提供できるサポートに努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリジェントアナログガジェット 腰リール

エンジニアマインド Vol.3のエントリの続きです。
腰リールの記事!はその誕生に始まり、使い方の連続写真(コマ送り画像?)、分類学、現状分析、今後の発展には何がポイントとなってくるか、など密度の濃い内容でした。腰リールメモについて誌面をこれだけ割いて、詳細に記述されている記事は貴重ですから、腰リールメモを愛用している方も、まだご存知ない方も、一読の価値ありです。

腰リールメモに関しては、発案者であるかけださんがご自身のウェブサイトで「腰リールで始める携帯メモ生活」という文章を書かれていますし、技術評論社の「Life Hack PRESS」誌にも記事があります。今回のエンジニアマインド誌に出た「インテリジェンスアナログガジェット 腰リール」の記事で秀逸なのは、初めて分類学を確立したことではないかと思います。既に腰リールメモは生活の一部だよ、という方は、ぜひ誌面の分類表を見て、自分は何派かという点を確認されるのも良いかと。

さて、腰リールの話題と言えば、4月6日(金)に第2回 全日本腰リールカンファレンスが開催されます。昨日から、参加者募集が始まりましたので、希望される方はどうぞお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジニアマインド Vol.3

今日はエンジニアマインド Vol.3 の発売日です。私はまだ目を通していませんが、「二次請けマネージャの心得」という特集が気になります。それから、伊藤賢さんのマインドマップの連載も毎回楽しみにしています。今号では、「インテリジェントアナログガジェット」というすごい呼称をつけられた「腰リール」や、イベントでおなじみのライトニングトークスについての記事もあっって、エンジニアマインドもどんどん興味深い雑誌になっていくように感じます。

そして、Vol.3で最も気になるのは、ソフトウェアエンジニアから、ヨガのインストラクターに転身された田中里実さんの新連載「ヨガで一息」ですね!春を迎える前に、まずはマインドからリフレッシュできそうな一冊です。

エンジニアマインド Vol.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モデリングカフェ「Square」

オージス総研さまが運営されている「オブジェクトの広場」をご存知の方はとても多いと思いますが、3月号が公開されました。今回は、モデリングカフェ「Square」が第10回!を迎えたということで、記念のプレゼント企画が用意されています。

モデリングカフェでは、毎回お題が出され、手書きやツールを使ってモデルを作成し、応募する流れになっていて、次回で読者の皆さんが応募されたモデルを紹介しながら、ポイントを解説するという内容です。季節を感じるお題で、複数のモデルが紹介されることもあり、モデリングを楽しく身につけられる記事だと思います。UMLを勉強中とか、これから勉強したいという方にはとても良い機会ではないでしょうか。プレゼントに応募するには、各ツールの評価版を使ってモデルを作成する必要があるそうですが、これをきっかけにツールにチャレンジされてはいかがでしょうか。

モデリングカフェ 「Square」
UMLでモデリングを愉しもう 第10回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »