« ツールの機能をどう伝えるか | トップページ | 製品の見映え »

セミナー企画をMind Mapで

今日は、私が作成したMind Mapを画像で公開してみます。平鍋の講演に参加された皆様は資料の中で目にしたことがあるかもしれません。
ちょっとさかのぼってしまうのですが、6月に開催したセミナーの企画を描いたMind Mapです。セミナーは何度も実施していますが、毎回、対象者が違ったり、内容が少し変わったり、何か新しいチャレンジを入れようとしますから、Mind Mapもそれに合わせて作成します。
061106_seminar_2

2時間のセミナーであれば、準備物なども比較的少ないですから、一つのMind Mapで網羅できると思います。1日かけて複数人の講師を迎えて実施するような場合は、準備物や手配について詳細なものを別に作成した方が良いかもしれません。特に、セミナーの運営を部署単位で実行する場合、関わる人の数も多くなり、準備物はアシスタントさんに任せるということもあると思います。そういった時は、一緒に Mind Mapを描き、同じ紙や画面を見ながら、枝を一つずつ確認していくと抜けを防ぐことができるのではないでしょうか。

次回は、また別のMind Mapをご紹介したいと思います。JUDE/Think! をお使いの皆様も、オリジナルの活用法などありましたら、ぜひJUDEコミュニティサイトへお知らせください。

|

« ツールの機能をどう伝えるか | トップページ | 製品の見映え »

コメント

ThinkITの記事読みました♪

投稿: でう | 2006年11月 8日 (水) 14時27分

ThikITの記事も読ませていただきました♪
丁寧に具体例があって、大変読み易かったです。

投稿: でう | 2006年11月 8日 (水) 18時21分

ThinkITの方の記事も読みました。
そちらも読みやすい、いい記事でしたね。

投稿: でう | 2006年11月 8日 (水) 23時06分

↑何度もゴメンナサイ
更新されるのに、時間がかかるんですね(^^;

投稿: でう | 2006年11月 9日 (木) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98967/4087218

この記事へのトラックバック一覧です: セミナー企画をMind Mapで:

» Mind Map でイベント企画 [An Agile Way]
Mind Map の使い方っていろいろあるのですが、セミナーやイベントの企画を [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 12時42分

« ツールの機能をどう伝えるか | トップページ | 製品の見映え »