« 英語サイトでは違う内容を | トップページ | ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 »

メモ帳とペンへのこだわり

チェンジビジョンの、特にTRICHORD開発部には、ペンやメモ帳に強いこだわりを持つメンバが居て、しばしばお気に入りについて語ってくれます。私は文具は好きですが、細部へのこだわりがあるわけではなく、仕事で使っているのは会社で用意されているボールペンや蛍光ペン、サインペンで、全くの私物はシャープペンだけです。メモ帳についても同様で、RHODIAやクレール・フォンテーヌ、MOLESKINEなど知っていますが、たいていは反古にメモして、不要になったら破棄します。

文具について笑顔で語るメンバを見ていて感じるのは、こだわりは喜びをもたらす、ということで、おそらく自分好みの道具は使っているだけで嬉しくなるものではないでしょうか。また、お気に入りのペンで良質なメモ帳にさらさらと書く行為は、その辺りにある反古に適当なシャープペンで書くよりも、ひらめきがあるように思います。片手に収まる小さな世界に夢が広がるのが文具かもしれません。

|

« 英語サイトでは違う内容を | トップページ | ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモ帳とペンへのこだわり:

« 英語サイトでは違う内容を | トップページ | ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 »