« ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 | トップページ | JUDE/Pro、Com 3.1 ベータ版をリリースしました »

開発の現場 vol.006

先週発売されました開発の現場 vol.006では「はじめての開発リーダー ToDoリスト」という特集が組まれています。開発を成功に導く上で、リーダーの力は大きいと思いますが、その存在の重要性を登山に例えて分かりやすく伝えている記事が興味深かったです。歴史に残る遭難事件の一つ、八甲田山での雪中行軍です。私は、新田次郎の小説を読みましたが、雪中行軍の厳しさというか、日本の冬山の怖ろしさを見せつけられるような極寒を感じる作品です。小説から二人のリーダーを紹介し、それを開発プロジェクトにつなげて、リーダーの基本姿勢や求められる力を説明しています。

それから、もう一つ、こちらは弊社でTRICHORD開発に携わっているメンバが執筆したものですが、「目で見てわかる!先進プロジェクトにおけるチーム運営の奥義」という記事があります。ソフトウェアの開発において、今そこで何が起きているのかを見えるようにすることの大切さは、随分言われるようになりましたが、見えること、触れること、モノを扱っている実感を伝えるために、「身体感覚」という言葉を用いています。こちらもどうぞご覧ください。

開発の現場 vol.006

|

« ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 | トップページ | JUDE/Pro、Com 3.1 ベータ版をリリースしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開発の現場 vol.006:

« ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2006 | トップページ | JUDE/Pro、Com 3.1 ベータ版をリリースしました »