トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

SODEC出展に向けて

一足先にこちらでお知らせです。6月28日~30日の3日間、東京ビッグサイトにて開催される「ソフトウェア開発環境展」(SODEC)に出展します。JavaOneへの参加がなんとか無事に終了したと思ったら、すぐに次の出展準備が始まっているわけですが、会期直前にJUDE/Professional 3.0をリリースすることもあり、いろいろと思案中です。来場される皆様には、6月8日に発売されるJUDE/Think!、6月27日にリリースされる JUDE/Professional 3.0、そして、かんばんを搭載したTRICHORDという三つの製品を見ていただけるよう、デモやリーフレットを企画・製作しています。

7月以降に企画準備中のセミナーに関する案内も、SODECにて初公開しますので、皆様ぜひご来場くださいませ。

SODECは同時開催イベントが多く、組込みシステム開発技術展(ESEC)もありますので、そちらにいらした方にもチェンジビジョン製品をご案内できればと思っています。

ところで、現在ベータ版を公開中のマインドマップツール「JUDE/Think!」は、発売に合わせてコミュニティサイトでちょっとした企画を実施します。ユーザーの参加が必須の企画ですので、サイトチェックをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUDE開発チームとふりかえり

今日は、福井が開発拠点であるJUDE開発チームとの打合せの日でした。だいたい 2週間に1回の頻度で、開発メンバと話をするわけですが、毎回、いろいろな新しい報告やこれからチャレンジすることが聞こえてきて、嬉しく思います。
打合せはたいてい金曜日なのですが、なるべくその週の始めには、私がメンバに報告したいこと、聞いてみたいこと、話し合いたことを挙げ、メールで伝えるようにしています。打合せに追加したい事項や、事前におよその内容を知っておきたい点は、彼らからの返信で教えてもらいます。これをしていたかどうかで、当日の進み具合や深まり具合が変わりますので、準備(心も含めて)は大切なものだなと思います。

JUDEチームは、毎週金曜日の夕方に「KPTによるふりかえり」をしていて、今日は私も参加できました。KPTは、Keep、Problem、Try の頭文字をつなげて、ケプトと呼んでいます。
   Keep: 今週良かったこと、今後も続けたいこと
   Problem: 今週うまくいかなかったこと、どうも気にかかること
   Try: 来週やってみたいこと
JUDEチームの来週のTryは、にこカレをつける、英語ブログを書く、席替えする、コミュニティサイトで投票をやってみる、などでした。来週と言いながら、投票については先ほどコミュニティサイトで始まりましたので、皆様もぜひ一票を投じてみてください。
コミュニティサイトで投票してみよう。

ふりかえりについての詳細は、代表の平鍋がブログに書いていますので、そちらをご覧ください。
KPTを使ったプロセス改善
KPTを使ったプロセス改善(2)
プロジェクトの「ふりかえり」 -- Retrospectives by Norm Kerth

それから、現在、マインドマップ描画ツール「JUDE/Think!」のベータ版を公開していますが、本日ベータ版2がアップされました。
JUDE /Think!
サンプル画像のご紹介
初めて JUDE/Think! を使われる際、「ウェルカムプロジェクト」というようこそメッセージを開くようにしています。こちらも見ていただきたいなと思いますので、ベータ版2もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

WEBで見られるにこにこカレンダー

チェンジビジョンが開発しているプロジェクト見える化ツール TRICHORD は、現在 0.1.2を公開中です。
三つのフィーチャーがあり、それぞれが見える化を支援する内容になっています。
1. イテレーションバーウンダウンチャート
2. にこにこカレンダー
3. タスクかんばん(実験中)
スクリーンショットはこちらからどうぞ。

実験中のタスクかんばんは、来月上旬、ついにリアルかんばんとしてリリースされる予定です。今、開発メンバは使いやすさとCoolさを追求していますが、かんばんは、日々のタスクメモにもできそうで、私も公開を楽しみにしています。
にこにこカレンダーは、チームのムードを見える化する、開発メンバにもマネージャーにも優しいコミュニケーションツールですが、なんと、こちらがブラウザでも見られるようになりました。開発メンバの一人(Akiyah)が製作したもので、TRICHORDをインストールしていない方も、IEやFireFoxの画面を通して、TRICHORDチームの毎日をのぞくことができます。にこカレアイコンにマウスポインタをのせると、メンバそれぞれの一風変わった面白コメントを見ることができ、ぐっと身近に感じられるかもしれません。
にこにこカレンダーをブラウザで見よう
http://trichord.change-vision.com/status/ajax/view_niko2.html

どうぞご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUDE/Think! ベータ版リリース

かねてよりお知らせしていましたマインドマップ単独ツール「JUDE/Think!」ですが、昨日、ベータ版がリリースされました!発売は6月8日からですので、それまではベータ版をお使いになって、どんどんフィードバックをお願いします。ご意見、ご感想はJUDEコミュニティサイトの JUDE/Think! フォーラムへどうぞ。 Judeusers_banner02_1




マインドマップは、会話や文章、思考からキーワードを拾って、放射状につなげていくことで描く、画に近いメモです。書くのではなく、描きます。JUDE/Think! は、JUDE/Professional に搭載されているマインドマップ描画機能を単独ツールとして実現したもので、JUDEの「シンプルで、使いやすくて、速い」という特長をそのまま活かしています。
私は、広告の案を考えるとき、セミナーを企画するとき、プレスリリースを書くときなど、今あるものを出してつなげて、何か違う見方をしてみたい時に使うことが多いです。

マインドマップツールの発売は、チェンジビジョンとしても早く実現したいと考えていましたし、これまで本当にたくさんのユーザーの方からご要望をいただいてきたことで、いよいよ、と嬉しく思います。マインドマップを初めて使う方も、すいすい使えるツールですので、ひとまずダウンロードしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスティング広告

チェンジビジョンでもリスティング広告をと考えています。以前も、JUDEのリスティング広告は出していましたが、会社の新設に伴って、登録も新しくする必要があり、しばらく控えていました。
そろそろ準備も整ったということで、リスティング広告そのものについてきちんと学び、、より効果を出せるキーワードや説明文を選択・作成できるよう、今日はセミナーに参加してきました。

2時間で概要を学ぶ内容でした。リスティング広告とはどういったものか、日本で利用されている二つのサービス、GoogleのAdWords と Yahoo!のOvertureについて、その特徴や両者の違い。また、広告の効果を最大限に引き出すには、どういった使い方をし、何を比較し、どの程度メンテナンスしなければならないか、という内容のつまったセミナーだったと思います。

私はマーケティング担当ということもあり、普段はセミナーを運営する側に居ることがほとんどで、参加する側になることはなかなかありません。ですから、こういった、初心者向けではありながら、参加者が受講後に実践できるくらいまで伝えるようなセミナーがどのように運営されているのか、という点でも勉強になりました。

セミナーを実施する際、いつも気をつけているのは、参加者にとっては唯一の機会であると強く意識することです。運営する私にとっては複数回できることでも、参加する方は、時間を作って会場まで来てくださって、その1回でなるべく多くのことを吸収しようという思いのはずです。毎回、できる限りの運営をと考えます。そして、何か一つ小さなチャレンジをと工夫します。

来月以降、チェンジビジョンでもセミナーを実施しようと、企画・準備中です。また決まり次第、こちらでもお知らせしますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JavaOne出展報告 その2

JavaOneへの出展を終えて、日本に戻ってきました。今回の出展に関して、いくつかの媒体に記事が掲載されていますのでお知らせします。

○5/17 Artima Developer に代表の平鍋のインタビュー掲載
Audio Interview (Kenji Hiranabe, CEO of Change Vision, Inc.)
○5/18, 22 ITproに JavaOneレポート掲載
【JavaOne06】平鍋健児が見たJavaOne 2006
【JavaOne06】平鍋健児が見たJavaOne 2006 (その2)
○5/19 ThinkITのJavaOneレポート
世界を見据えた日本企業ブース

また、弊社のウェブサイトにブースに立ち寄ってくださった皆様へのメッセージをアップしています。さらに、代表や取締役もブログでJavaOneについて書いていますので、こちらもどうぞ。
JavaOneで感じたこと (An Agile Way)
JavaOneのKeynoteが今までと違うかも (Bursting head)

ブースに立ち、来場者と話して気づいたのは、海外ではソフトウェアの開発者はデベロッパーと呼ばれ(呼び)、日本のようにエンジニアという語は使わないことです。現地在住の方に聞いてみたところ、"engineer"は非常に広い意味を持つそうで、ソフトウェア開発に携わっている人は"developer"ですね、と言っていました。私にとっての小さな気づきです。

JavaOneで、JUDETRICHORDのデモを見てくださった多くの方に心から感謝します。チェンジビジョンのブースで足をとめ、リーフレットを手にし、Tシャツに笑顔を見せてくれた世界のデベロッパーに、これからも手になじむ製品を提供できるよう力を尽くしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRICHORD 英語サイトもオープン

チェンジビジョンには、二つの製品ラインがあります。一つは1997年に開発が始まって、現在は世界に86,000人を超えるユーザーが居るUMLエディタ「JUDE」です。もう一つは、4月にファーストリリースしたばかりのプロジェクト見える化ツール「TRICHORD」で、こちらはJavaOne期間中の5月16日に、英語コミュニティサイトをオープンしました。英語サイトでのブログは準備中ですが、transparent な開発を実現できるようチームメンバが情報を発信するサイトを作っていきたいと考えています。
transparentについては、JavaOne 3日目(18日)のGeneral Sessionで、"continuous transparent planning"という言葉で表現されていました。TRICHORDのチームメンバが実践している開発の方法(やり方)と通じる内容で、興味深かったです。

さて、話は変わって、19日にThinkITさんの対談記事が公開されました。12日にアップされたインタビュー記事と合わせて、「キーエンジニアの真実」 という連載です。
** 対談 「プロジェクトマネージャー、それは舞台演出家」-平鍋 健児**
キャリアアドバイザーの方との対談で、プロジェクトの成功を支えるもの、スキル修得のポイントといった内容に加えて、ThinkITさんが作成されたキャリアプランの図も掲載されています。どうぞご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JavaOne出展報告 その1

今、サンフランシスコは、19日(金)の朝7:00です。
JavaOne のパビリオン出展は、16~18日の3日間で、今日は片付けの日なので、荷物の梱包や発送をしに再び Moscone Center へ行きます。

チェンジビジョンでは、二つの製品「JUDE」と「TRICHORD」のコンセプトを伝え、デモを見てもらい、ウェブサイトを紹介する(アクセスを促す)、という感じでした。ノベルティとして用意していたTシャツは全てなくなり、手渡しするフライヤー(リーフレット)もほぼなくなりましたので、デモを見た人は300人以上、Change VisionやJUDE、TRICHORDを耳にした人は800人ほどということになります。
フライヤーを手渡しながら簡単な製品紹介をし、デモを見る?と誘導して、UMLエディタ「JUDE」とプロジェクト見える化ツール「TRICHORD」の操作デモをします。
ブースにやってくるデベロッパーたちの誉め言葉は「COOL!」です。drag and dropでUMLからマインドマップへ変換できるJUDEを見て「COOL!」、かんばんやバーンダウンチャートがあるTRICHORDを見て「COOL!」。しばしばあったやり取りが、
「君がこれを開発しているのか?」
「日本に居るチームが開発しているの、私はマーケティング担当」
「誰かデベロッパーは来ていないのか? これを作ったデベロッパーと話したい!」
というものです。
気に入ってくれた人も多く、トライアルCDはないのか、どこでダウンロードできるんだ、という質問を受けました。また、カラフルであること、目で見て分かり易いことに対して、強い反応があり、JUDEを使っているよーと言いに来てくれた参加者も居て、とても嬉しかったです。

出展中に受けたインタビューがアップされていましたので、お知らせします。Artima Developer というサイトが、ブースを回って面白そうな(興味深い)展示に声をかけ、インタビューしていました。
Audio Interview (Kenji Hiranabe, CEO of Change Vision, Inc.)
一度クリックしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Moscone Center - San Francisco

サンフランシスコに来ています。2006 JavaOne Conference出展のためです。
今日は日曜日のためか、人通りはそれほど多くないようで、歩いている人たちも公園に居る人たちもリラックスした印象を受けます。
明日のブース準備のため、JavaOne の会場である Moscone Center へ下見に行ってみました。

色とりどりの旗が風に吹かれている会場入り口
Center1_2

Center のエントランスホール
Center2_1

Moscone Center を臨む
Center3
手前に見える生い茂った木々は、公園です。

ここに明日から世界中のJava技術者や出展者が集まり、Javaの祭典が開催されます。チェンジビジョンにとって初めての海外イベント参加はどのような3日間になるのか、ブースに立つ私も緊張します。

Moscone Center のある地区は、美術館やギャラリーが多く、芸術の街でもあるようです。写真に見える公園にはTheaterが隣接していて、パフォーマンスを見られるようでした。それから、すぐ近くに芸術大学もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUDE Community Site オープン

先日、JUDEコミュニティサイトのオープンをお伝えしましたが、11日(木)には英語サイト(JUDE Community Site)もオープンしました。
こちらには、NewsとDevelopers Blogを用意しています。日本語サイトをご覧の皆様にもぜひ一度アクセスしていただけたら幸いです。

オープンにあたって、代表の平鍋が世界のJUDEユーザーへメッセージを発信しています。JUDEがUMLモデリングツールとして、将来に渡り何を目指していくのか、どうしてマインドマップを搭載したのか、そして今後追加されるかもしれないフィーチャーまで、日本語とは違った表現と図でJUDEを表しています。
JUDE Future Vision

コミュニティサイトでは、日英両方で、皆様からのコメントをお待ちしています。開発者へ質問したい方、UMLやマインドマップについて意見交換したい方、熱い想いを語りたい方、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事紹介、キーエンジニアの真実

先日、ThinkIT(シンクイット)さんの取材がありました。
キーエンジニアの真実」という連載で、新たに「プロジェクトマネージャー編」を始めるとのことで、代表の平鍋がインタビューを受けました。
先ほど、記事が公開されましたので、こちらでお知らせします。
キーエンジニアの真実    プロジェクトマネージャー編
** 毎日が実践~全力少年~ 平鍋健児 **
この連載は、2回ずつになっていて、1回目はキーエンジニアの素顔に迫るということで、平鍋が普段どんなことを考え、何でリフレッシュしているかといった日常的なことが話題になっています。2回目は、キャリアアドバイザーの方との対談だそうです。
2回目は少し先の公開ですが、取材の中でも対談は機会が少ないので、楽しみです

さて、チェンジビジョンが設立されてから、雑誌や新聞などプレスの方にお会いする機会が多くなりました。私はマーケティング担当なので、全ての取材に同席するわけですが、始めにインタビュー項目などをいただくと、時間内にできるだけそれらを網羅できるように、時々話題を戻してみたり、こんな感じのもありましたよね、と振ってみたりします。まだまだ、タイミングを見極めるのは難しいのですが、取材に来てくださった方にも、取材を受けた本人にも良い時間を作ることができたらと思います。

キーエンジニアの真実は、これまでにITアーキテクト編、オープンソースエンジニア編、ITコンサルタント編とあり、"かばんの中身"や"最近気になるニュース"から、有名なあの方の素顔を知ることができます。キャリアアドバイザーとの対談というのもユニークなので、多くの方に読んでいただけたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出展グッズ、チェンジビジョンの枡?

今日は出展グッズをご紹介します。
JavaOneでは、製品のコンセプトを伝えるためのパネル(壁に掲示)と、手渡しするフライヤー(チラシ)を製作しました。 JUDEのパネルは、取締役のブログ 「Bursting head」にて、既に画像が掲載されています。もう一つ、TRICHORDのパネルもありますが、こちらは、JavaOneの参加レポートや日本でのイベントで皆さんにお目にかけることができるかと思いますので、お楽しみに。

さて、出展ブースでは、キャンディを配ることができます。Exhibitor(出展社)への案内には、「小さくて固いあめ」と書いてあります。
当初、日本と米国では、キャンディーといっても、形・色・味と様々だろうということで、現地調達の予定でした。
しかし、そこで取締役が一言。日本の、いわゆる飴を持っていったら面白いんじゃないの?
かくして、チェンジビジョンのブースでは、日本の飴と米国のキャンディーの人気対決を見られることになりました。
そして、キャンディーボックス(飴を入れておく菓子鉢)として、チェンジビジョンのロゴ入り枡!を使います。数時間前に実物を入手しましたので、写真でどうぞ。

Cv_0511_s_1

来場者の反応が楽しみなグッズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 JavaOne Conference 出展

2006 JavaOne Conferenceが来週に迫っています。

チェンジビジョンでは、UMLモデリングツール「JUDE」とプロジェクト・ダッシュボード「TRICHORD」を出展します。2つの製品のコンセプトをできるだけ多くの海外エンジニアに紹介し、コミュニティサイトを訪れるきっかけを作ることが目的です。

もちろん、エンジニアだけではなく、プレスの方にもデモを見てもらいたいと思いますし、私たちのことを知ってもらうことができれば嬉しいです。

JUDEもTRICHORDも、始まりから、世界に目を向けて開発を進めています。日本だけでなく、海外にもどんどんユーザーが増えていけば、世界中のユーザーが互いに情報交換できるようになります。コミュニティサイトを通じて、新しいアイディアが生まれ、コラボレーションへとつながるかもしれません。

日本発のツールであるチェンジビジョンの製品が、世界中のエンジニアにとって身近なツールになることを目指して、JavaOneで精いっぱいアピールしてきます。
JavaOneに参加される方、ぜひブースへ立ち寄ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーケティングブログ、始めます♪

みなさま、こんにちは。
チェンジビジョンで、JUDETRICHORDのマーケティングを
担当している山崎です。
Logo_cv



今日から、このブログで私のマーケティング活動の日々をお伝えしていきたいと思います。
新しい企画、イベントやセミナーのお知らせ、製品リリース予告、代表や開発メンバの日常など、チェンジビジョンの最新情報はここにあります。

さて、早速ですが、
JUDEコミュニティサイト、本日 15時にオープンです!
Judeusers_banner02

念願の、ユーザー同士の交流の場、そして開発メンバとユーザーとの対話の場をようやく準備することができました。チェンジビジョンにとっても新サイトのオープンですから、今日はとても嬉しい日です。
世界で83,000人を超えるJUDEユーザーと、UMLやマインドマップに関心を持つ多くの人々に利用されるサイトを目指して、コンテンツもどんどん増やしていく予定です。
JUDE開発メンバの素顔が見えるブログもあります。
みなさま、どうぞJUDEコミュニティサイトをよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年6月 »