11/18(水)~20(金) ET2015が開催されます

明日から3日間は秋恒例の展示会「ET2015(組込み総合技術展)」がありますね。チェンジビジョンは、パートナーの東陽テクニカブースで astah* SysMLを中心に展示する他、いくつか関係するイベントがありますので紹介します。

astah*製品の展示

パートナーの東陽テクニカさんのブース(D-38)で、astah製品を展示しています。astah* SysMLが中心ですが、astah* professionalやastah* GSNもお見せできますので、会場にいらっしゃる方はぜひブースへお越しください。

組込みIoTハッカソン
チェンジビジョンは、永和システムマネジメントとアフレルとの共同チームで参加する他、ツール面で支援しています。

Iothackathon_logo

初日の11/18に提示されたペルソナに役立つサービスやシステムを会期中に開発するイベントです。会場内のメインステージで課題が発表され、最終日の20日夕刻に参加チームによる発表と審査が実施されます。

ETロボコン2015 チャンピオンシップ大会

Etroboconlogo_2015

開発支援スポンサー、シルバースポンサーとして応援しているイベントで、地区大会から選抜された約40チームが一堂に会し、競技を繰り広げます。18日は競技会(ロボットの走行レースや演技)、19日はモデリングワークショップが行われます。どちらも見学無料ですので、関心をお持ちの方や来年の参加を考えている方はぜひ一度ご覧になることをお薦めします。

講演

代表の平鍋が、ETテクニカルセッションで講演いたします。こちらは事前登録で満席になっていますが、展示会場内にある「テクニカルセッション サテライト会場」でライブ中継がありますので、登録がまだの方も視聴いただけますよ。

11/19(木) 10:00~11:30  TS-3 アネックスホール [F202]
アジャイル開発とスクラム
  顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェアマネジメント

また、今年は、製品事業部のastah開発メンバが、IPA/SECブースの先端技術入門ゼミに登場します。
11/20(金) 12:40~13:25
今すぐ改善  誤解を生まない技術文書にするプチテクニック
~ETロボコン提出モデルから考えるUML図の活用法~

ET2015は、事前登録で入場料が無料になります。当日会場で受付をすると、入場料 1,000円がかかりますので、ぜひ事前登録を済ませてからいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/28(金) 日本技術士会 情報工学部会にて、平鍋の講演

チェンジビジョン代表の平鍋は毎月どこかで講演の機会をいただいていますが、8月末には公益社団法人日本技術士会の情報工学部会に伺います。東京での開催ですが、各地域本部ではWeb中継も実施されるそうです。

日本技術士会 2015年8月度情報工学部会のご案内

概要

  • 日程:2015年8月28日(金) 18:30~21:00 (講演は 18:45~19:55)
  • テーマ: 「アジャイル開発とスクラム ~顧客・技術・経営をつなぐ協調的マネジメント~」
  • 講師: 平鍋健児(チェンジビジョン代表)

申込み方法

日本技術士会のウェブサイト「技術士CPD」のページで、右側にある「会員向けCPD行事予定」、「一般向けCPD行事予定」のリンクを辿り、該当日の申込ボタンをご利用ください。

私はこの催しの詳細を見るまで「技術士」という称号を知りませんでした。「技術士法」という法律に基づいた国家試験があるそうで、情報工学部会のウェブサイトによると専門分野は21に分かれているそうです。

技術士とは (情報工学部会のウェブサイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/27-28、イノベーション・ジャパン2015に出展

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とJST(科学技術振興機構)が主催する見本市が開催されます。

イノベーション・ジャパン2015 ~大学見本市&ビジネスマッチング~

Ij2015_bnr01_2

開催概要

  • 日程: 2015年8月27日(木) 9:30~17:30、28日(金) 10:00~17:00
  • 会場: 東京ビッグサイト 西1ホール(会場へのアクセス

チェンジビジョンの出展情報

  • 出展ゾーン: 出展ゾーン ビジネスマッチング(NEDOゾーン)
  • 小間番号:  IC-03
  • プレゼンテーション番号: NIC8313、 8/28(金) 14:30~

事前の来場登録をすると、NEDOセミナーの申込みやビジネスマッチングの予約(出展者との打合せの予約)も出来ます。8/27(木)のNEDOセミナーは「オープンイノベーション」をテーマに、経済産業省やKDDI研究所、ブラザー工業の新規事業部門の方などが講演されます。

入場料は無料ですので、新技術を探したり、NEDOの事業を知ったりといった目的で訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提案や企画を分かってもらうためのヒント

提案内容や企画書を作る+練るのは骨の折れる作業です。例えばその提案なり企画なりがどういう経路で日の目を見るのか(実行に至るのか)を考え、突破すべき関門は何か(誰か)を把握し、チーム内や上司、役員に対するプレゼンテーションに臨めると良いですね。

自らの作り込み
提案や企画を考えていると、どこまで考えても、もっと良いものがあるのでは、もっと面白いことが出来るのでは、と区切りが付かなくなってきます。でも、たいていは期限があるものですし、期限がないとしても自分の中で時間なり日付なりを決めて集中して作り込むのが良いです。この時、他者へのプレゼンテーションを控えているなら、忘れてはならないのが、内容に加えて体裁を整える時間です。内容が良ければ少しくらいのずれや間違いは見逃してもらえるだろうと考えるのは間違いです。プレゼンテーションの相手はその提案や企画にとってお客様と同じです。体裁が整っていない資料は、それだけで価値が低いと判断される場合もありますから細部まで気を抜かないようにしましょう。

誰に分かってもらいたいのか
プレゼンテーションの相手によって、強調するポイントを変えましょう。
社長
ここでは会社で一番えらい人として社長を選びましたが、会社によって違いますので自社ではどうかチェックしてください。
社長に対する提案では、今説明している内容が会社にとってどういう利益をもたらし(できれば数字で)、会社が掲げている目標の何に合致する、あるいは何を後押しするのかを明確にします。同時に、かかる費用とそれによって得られる効果(数字だけでなく人員の成長や獲得といったことも含みます)も伝えましょう。社長には会社の成長につながる企画であることを見せることが肝心です。

直属の上司
誰にとっても直属の上司は最も身近で、もしかしたら最も困難な相手かもしれませんが、納得させ同意を得られれば強い味方であることも事実です。その提案が実現されることで、上司が周囲から良い評価を得られるように感じてもらうこと(実際にそうした提案であることは必須です)を目指しましょう。プロジェクトやチームが一定の目標を達成でき、さらには新しい技術や力を得られるとすれば、これは上司にとって良いことでしょう。

CTO
会社によっては、社長や直属の上司に加えて、CTOと呼ばれる技術面での最高責任者が大きな発言権を持つこともあります。CTOに対しては、提案や企画の実現にあたって、どういった技術を用い、リスクは何で、未知の領域へのチャレンジなのか、既知の技術を用いた確実な実施なのかを簡潔に説明できる必要があります。

相手のツボは何か
モノでもサービスでも何らかの営業を経験したことのある方で、お客様や取引先の好みを調べる人は多いと思いますが、社内プレゼンテーションとなると途端にその手を緩めがちなのはどうしてでしょう。相手がどういった流れの解説を好むのかを知ることは非常に重要で、プレゼンテーションで話をする順番にも大いに関わりがあります。数字に反映される効果を重視するのか、実現する場合の詳しい活動や人員配置に関心があるのか、お客様からの目に見える評価を是とするのかで、同じ内容でも使う言葉や話す順序は変わるでしょう。

それから、他者の目で初めて気づくことも多いので、プレゼンテーションの前に信頼できる誰かにレビューしてもらうことも必須ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/17(水)、第二回 DEOSオープンシンポジウムが開催されます

DEOS協会は、ディペンダビリティ技術の研究開発や普及・啓発、それを用いた事業の支援などを目的として設立された団体で、昨年6月、広く一般の皆様に参加を呼びかけて初のオープンシンポジウムを開催しました。

今月17日には第二回のオープンシンポジウムが開催される予定で、基調講演や特別講演に加えて、DEOS協会の各部会より昨年度の活動成果が発表される他、国際標準策定への働きかけに関する話題も出ることになっています。国内でディペンダビリティ技術に関する最新情報を得るなら、現時点ではおそらくこのシンポジウムが最も適した場で、参加する協会員との交流も含めて、ぜひ参加をご検討いただきたいところです。

チェンジビジョンはDEOS協会の設立時から会員企業として活動を継続しており、私はシンポジウムの運営も少しお手伝いしています。

DEOS協会 第二回 オープンシンポジウム

  • 日程: 2015年6月17日(水) 13:30~17:40(受付 13:00~)
  • 会場: 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 2F 大会議室
  • 参加費: 無料
  • 申込み方法: 公式ページのアジェンダ下部にあるオレンジ色の「お申込みページ」ボタンをクリックしてください。

** 基調講演
「DEOSプロセスを用いた政策決定の可能性について」
保井俊之(慶応義塾大学)

** 特別講演
「適合性評価の国際的な仕組み(仮)」
三井清人(日本品質保証機構)

シンポジウム終了後は、日吉キャンパス内の別会場にて懇親会(会費制)も予定しています。(参加の申し込みをいただいた方へ個別にご案内します。) スピーカーの皆様や協会員とカジュアルな雰囲気で懇談いただける時間ですので、こちらも併せてお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コンポーネントソースさんのWebサイトがリニューアルされました